万緑の 気溢れいて 息苦し

y山が盛り上がるような緑、いかにも力みなぎる万緑。
木々が芽吹き、生長し、むせ返るような緑の息吹、時々むんむんする。
圧倒されて負けてしまう。
仕事、お断りされた。

この句も読まれています。

梅の実のなる アパートの 小庭にも... 誰も世話しなくても青梅が鈴なり。 青梅に塩つけて食べたことある。 小学校のとき、六月の児童会の課題は「おなかをこわすから、青梅を食べない」だった。 いま、なんだろう。...
おろおろと 春の日暮れの 大根の花... 春の陽は、おろおろと暮れる。暑いのか寒いのか、風は吹いているのかいないのか、日は止まったように一定で、ある時を境に、つんのめったように暮れてしまう。その時を確かめようとするが、難しい。ただ白い大根の花が、薄暗闇にほわっと浮き上がって見える。遅い春は、大根の花が美しい。...
去 年(こぞ)ま で は 嫗(おうな) 自 慢 の 柿 簾... 干し柿。 作るのには、とても手間暇がかかる。 まず、使うのは渋柿。 皮を剥くのだけれど、吊るすときに便利なように、ヘタと少しの軸をT字になるように残しておく。 そして熱湯をくぐらせる。 これはまあ消毒のようなものらしい。 干し柿に黴が生えないように。 それから、紐で結んで下げていくのだけれど、柿と柿...
雨が降る ダムの門開く サイレンの音... 激しい雨がつづきます。 集中豪雨というのでしょう。 上流のダムがいっぱいになりそうになると、 放流を知らせるサイレンがなるのです。 昼でも暗い雨の中、村中に鳴りひびくのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください