万緑の 気溢れいて 息苦し

y山が盛り上がるような緑、いかにも力みなぎる万緑。
木々が芽吹き、生長し、むせ返るような緑の息吹、時々むんむんする。
圧倒されて負けてしまう。
仕事、お断りされた。

この句も読まれています。

幸せを したため年賀の 嘘八百 wわたしは毎年、特別な年賀状を一通だけ書く。その一通のために、文章を考え、図案を考え、パソコンと奮闘し、もうよれよれに疲れる。幼児虐待して育ててくれた継母に、思いつく限りの幸せを享受しているかのごとき、嘘八百の{幸せ年賀状}写真つき。きっと完全に信じていると思う。恨み言を書き綴るより、よっぽどへこむ...
十二月 福子ひとり行く 溺れ溺れ 今年もあと半月。また一年が過ぎる。 迷うことはあまりなかった。 こうするしかない道をただただがむしゃらに 来ただけだったような一年。 来年も似たようなものだろうか。 小さな小さな息抜きを見つけながら、 行くしかない。...
雄々しくて あんたに見える 冬木立... そんなはずはない。世の中に雄々しい男なんかいるはずもないのに。 どうかしてる。
青 嵐 一 直 線 に 仏 間 抜 け あおあらし いっちょくせんに ぶつまぬけ 青葉を揺るがして風が吹きわたります。 心地よい風です。 もうすぐそこに暑い夏が控えていて、気分のいい風は最後かもしれません。 ふだんは閉め切っている仏間にもこの風をとおしたいものです。 年寄りは窓の開け閉めを面倒くさがるため、家の中は湿気が強く、独...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください