万緑の 気溢れいて 息苦し

y山が盛り上がるような緑、いかにも力みなぎる万緑。
木々が芽吹き、生長し、むせ返るような緑の息吹、時々むんむんする。
圧倒されて負けてしまう。
仕事、お断りされた。

この句も読まれています。

山 道 は ま た 苔 む し て 秋 の 雨 さんどうは またこけむして あきのあめ 夏の登山シーズンには、多くの人が登り下りするため、細い、山道は踏み荒らされてしまったけれど、この秋の長雨で、また元に戻るといいと思っています。 故郷の山は、知らないうちに、八合目までバスで行けるようになったという。 まったく余計なことばっかりする。...
黒葡萄(ぶどう)  押し頂いて まず仏... 大きな房、黒々と光る一粒一粒。 硝子の皿に載せ、一瞬仏壇へ。
ツユクサに まだ生きてたかと 声かけて... 大好きなツユクサ。あの青は滅多にない。服にしたら、安っぽくなりそう。朝露を浴びた姿は、なんとも言えないくらい懐かしい。今度見つけたら、根っこから抜いてきて、軽石に土いれて、植えてみよう。 ああ、そうだった。私は今日「人間が薄っぺら、本なんか読まんだろう」「顔がハンニャ顔」と言われた。どうしたらいいん...
松過ぎて 気合も抜けて 日々過ぎぬ... べつになんの行事があるわけでもないのに、 クリスマス、年末と馬鹿みたいに興奮し、 紅白歌合戦で、ああ今年も終わったと 感慨にふけり、行く年来る年で、どうか 来年がいい年になりますようにと、祈り、 そうこうしてるうちに、一月も半ばになり、 いつものように、もしかしたら、いつも以上に 問題が勃発して、そ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください