ランドセル 馴染んで跳ねて 青葉風

School kid
School kid / yumtan

まだ二ヶ月にもならない。大きなランドセルにのけ反りそうになりながら、新一年生が登校する姿は微笑ましいものだった。桜が若葉となり、だんだん力をつけて、青葉が繁るこの頃、もうすっかり慣れたのか。一年生同士が元気に下校する姿を見かけるようになった。もう上級生の世話にはならない。途中で道草も覚えたようす。たくましいかぎり。

この句も読まれています。

寒灯に もう亡い人の 影を見る ふと亡き人を思うことがある。 夜道を歩いているとき、暗い家に入るとき、昔の立ち姿、ちょっとした笑顔、文句を言ってる時の顔などなど。 そういえば面白かった、ときどき。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
時を見て 思いきりよく クロッカス... いつ植えたのか…クロッカスの紫の花、いつ咲いた。春が来た。私の小さな庭に、知らぬ間に。
鬱なのか 春日眩しく 手足の重し 春の明るい日差しがうっとうしいことはありませんか。 人の入学や就職の話がうざいと感じることはありませんか。 あたしはしょっちゅうです。 そんなとき、ただ明るい人と話すのは、拷問のように感じることがあります。 たいていの人は平気のようです。...
崖 崩 れ も う 虎 杖 の 棲 み つ き て... がけくずれ もういたどりの すみつきて イタドリ。 タデ科の多年草で山野に自生。 高さは1.5mにもなります。 少し湿っぽいところを好むらしいのですが、繁殖力はすさまじく荒地でも一番に根を張ると聞きます。 若い茎は食べられ、利尿剤として漢方で使われるとか。 すかんぽとも呼ばれます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください