ランドセル 馴染んで跳ねて 青葉風

School kid
School kid / yumtan

まだ二ヶ月にもならない。大きなランドセルにのけ反りそうになりながら、新一年生が登校する姿は微笑ましいものだった。桜が若葉となり、だんだん力をつけて、青葉が繁るこの頃、もうすっかり慣れたのか。一年生同士が元気に下校する姿を見かけるようになった。もう上級生の世話にはならない。途中で道草も覚えたようす。たくましいかぎり。

この句も読まれています。

撒 き 餌 か な 鯛 を 釣 ら む と 義 理 の 愛... まきえかな たいをつらむと ぎりのあい はじめの頃は、大いに世間を騒がせ、にぎわったものです。 バレンタインデー。 義理チョコとアタマでは理解しながら、やっぱり相好を崩してよろこぶおじさんたち。 はじめはそれなりに純粋でよかった。 そのうち邪心が芽生え、ホワイトデーのお返しを期待して、安物...
初 詣 迷 子 は 社 務 所 ヤ ク ル ト さ ん... はつもうで まいごはしゃむしょ やくるとさん なんせ人が多いものだから、繋いでた手がほどけたのでしょう。 子どもは社務所に連れてこられ、巫女さんたちも忙しいのに、一生懸命泣きべそのご機嫌をとってくれて、さらにヤクルトが渡されると、すっかり泣き止んだようすです。...
終 戦 日 戦 死 の 兄 が 母 を 看 る しゅうせんび せんしのあにが ははをみる 都道府県には援護課という部署があります。 戦死した兵隊の遺族に、その人が亡くなるまで、恩給というのでしょうか、決まった額のお金を支払うことを仕事にしているところです。 子どもがお国のために死に、当初は名誉の戦死などと持ち上げられ、忘れられ、哀しみを引き...
如 己 堂 の 高 き 空 よ り 花 の 降 る... 爆心地から620mのところにある、故永井隆博士が晩年二人の子供と暮らし、平和の尊さを執筆という形で世界に発信し続け、43才で亡くなったと言われる二畳一間の木造家屋。 浦上の信者が協力して建てたとのこと。 博士の生きる指針とされる「己のごとく隣人を愛せよ」からこの名が付けられたと聞く。 原子野を「花咲...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください