ペン持つ手 隠したき思い 冬の暮れ

手は年齢を現す。となりの美しい指の前に、
自分の節くれた手を出して、メモを取ることが、いやだなと思う。
炊事も洗濯もしてないのか、白魚のような指。
しわしわでごつごつの手を出すのは、ちょっと勇気がいるのだけれど、
そんなこと言ってもいられない。
あー、今日も疲れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください