ビードロの ぐい呑み春の 骨董市

ビードロとは、ポルトガル語で硝子(がらす)のことだそうです。
色が深くて、異国情緒漂うぐい呑みは、その色と形と、言葉の響きで、
虜になってしまいます。
遠い国から、遠い昔にやってきたものか、この国で作られたものか
それはどうでもいいのです。
価値はどうでもいいのです。
好きか、嫌いかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください