ハ ロ ウ ィ ン に 山 口 組 は 菓 子 配 り

ハロウィンに やまぐちぐみは かしくばり

ハロウィンの若者の行儀の悪さが言い募られる昨日今日。

神戸市にある元祖山口組では、近所の子どもたちにお菓子を配ったとか。

本来のハロウィンの姿に、みんな喜んで貰ったらしい。

なんか可笑しい。

この句も読まれています。

芒 飛 ぶ 風 の 気 ま ぐ れ 夕 間 暮 れ... すすきとぶ かぜのきまぐれ ゆうまぐれ 穂を出したころは、赤くて固かったススキの穂も秋が深まるとゆるみにゆるんで、ついにはふわふわと風に乗ってさまよい出します。 夕方にはそれがさらに目立つのは、秋の日暮れが寂しいからでしょうか。 秋の夕陽がそれを強調するのでしょうか。...
冴 返 る 雑 音 多 し ム ン ク の 手 さえかえる ざつおんおおし むんくのて じつはムンクは叫んではいなかったと近年言われています。 母親や姉を早くに亡くし、大きな不安を抱えた人生を表しているというのが、一般の見解とか。 耳をふさぐ、あの両手。 ムンクの不安には遠く及ばないものの、生きていく上で頼みもしない忠告やアドバイスの多い...
稲 雀 丸 々 と な り 急 旋 回 いなすずめ まるまるとなり きゅうせんかい あたまに描く雀の何倍もメタボ。 何処で何を食べてる? 一年近くをかけて、手塩にかけて作られた米でしょうか。 最近では、案山子もキラキラテープもあまり見られなくなったような気がします。 稲雀は、群れで動きます。 すこしの異変でも、いっせいに飛び立ち、必要と...
出 棺 の 合 図 の 泣 き て 凌 霄 花 の 落 つ... しゅっかんの あいずのなきて はなのおつ ノウゼンカズラ、つる植物で他の木に巻きついて育ち、大きなオレンジの間借りにしては厚かましいほどの立派な花をつけます。 特徴は、花びらが散るのではなく、首からぽとりと、それも惜しげもなく散ることでしょうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください