テ キ ー ラ に 喉 を 灼 き た る お 元 日

てきーらに のどをやきたる おがんじつ

30年ほど前のこと、マルガリータという、テキーラベースのカクテルの虜になった時期がありました。

グラスのふちに塩をぐるりとめぐらせたフルーティな軽いものです。

もう今ではそんなことはありません。

イベント以外では、ビールも飲みません。

我ながら立派になったものだと思ったりもするのですが、ただ単純に飲めなくなっただけのようです。

この句も読まれています。

え つ を 食 う 柳 川 ま で の 各 駅 停 車... 柳川 / alberth2 えつは今頃の季節だけ、筑後川にだけ昇ってくる、魚だと聞きます。 骨の多い魚で、そんなにおいしいとは思わないのですが、年に一度電車で出かけてゆくのです。 筑後平野の風景や、いっぱいに水をたたえる堀の様子や、自然に育つ水辺の植物など見ながら、ことこと電車で行くのです。...
我ひとり 春の宴を 催せり 長い夜のはじめ、まだ暮れないうち、いちばんいい時間。サントリープレミアムと肴は何にしよ。無くてもいいんだけど。なまこ…カツオのタタキ…ブリのカマの塩焼きに大根おろし…。別に、毎週だけど。...
裏門司の 坂に連なる 寒灯や 門司港といえば、大した観光地。 時代がかった駅舎はなんとも懐かしく、 点在する旧い建築様式の建物もなかなか魅力的。 わたしが気に入らないのは、港に向けての青い橋。 いかにも観光客目当てに作られた店や桟橋。 山の方は、取り残されて手付かず。裏門司という らしい。旧い料亭があったが、いまはどうなっている...
お は じ き の 欲 し ゅ う て 欲 し ゅ う て 放 生 会... おはじきの ほしゅうてほしゅうて ほうじょうや 筥崎宮の放生会。 わたしのこころの故郷。 放生会に売り出される、おはじきのかわいらしさと懐かしさ。 のどかで、素朴で、宝物にしたい。 夜明けから、もっと徹底した人は、前夜から並ぶらしい。 その気力、体力がないために、未だに手に入らないでいる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください