テ キ ー ラ に 喉 を 灼 き た る お 元 日

てきーらに のどをやきたる おがんじつ

30年ほど前のこと、マルガリータという、テキーラベースのカクテルの虜になった時期がありました。

グラスのふちに塩をぐるりとめぐらせたフルーティな軽いものです。

もう今ではそんなことはありません。

イベント以外では、ビールも飲みません。

我ながら立派になったものだと思ったりもするのですが、ただ単純に飲めなくなっただけのようです。

この句も読まれています。

雷か どこかで花火か 梅雨半ば 雷なのか、飛行機なのかよくわからないことがある。 きょうのは、花火のようだ。 気の早いこと。 元気分けてほしい。...
あ あ こ れ も 桜 か 宵 の 散 歩 道 いつもの道。 楓や椿、そして桜も。 芽吹きの時も気付かずに、蕾がついて、「あゝ桜」 群れにならない桜に、改めて気づく。 ここにも桜があった。 春の、ゆっくり暮れる宵の散歩道。 桜は一本でも桜。...
「 累犯障害者 」 ( 4 ) 口話による会話ができるよう、いくら読唇術を覚えたところで、限界がある。 「たばこ」と「たまご」、「すき」と「ぐち」、「ぱぱ」と「まま」 「いいました」と「ききました」などなど。 口の形だけでは区別できない言葉は、何百、何千と存在する。 にもかかわらず、強制的に発音練習を続けるろう学校 算数にしても...
灯芯(とうしん)に まず火を入れて 鞄(かばん)置く... 寒い。ひとりの家に帰り着くと、まずストーブを つける。エアコンもつけるけど、まずストーブ。 わたしは芯がしだいに赤くなっていくのを見るのが好きです。 時間が経って、載せているホウロウの鍋から湯気がたつのも 好きです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください