テ キ ー ラ に 喉 を 灼 き た る お 元 日

てきーらに のどをやきたる おがんじつ

30年ほど前のこと、マルガリータという、テキーラベースのカクテルの虜になった時期がありました。

グラスのふちに塩をぐるりとめぐらせたフルーティな軽いものです。

もう今ではそんなことはありません。

イベント以外では、ビールも飲みません。

我ながら立派になったものだと思ったりもするのですが、ただ単純に飲めなくなっただけのようです。

この句も読まれています。

渦 潮 に 利 休 鼠 を 探 し お り うずしおに りきゅうねずみを さがしおり 利休鼠。 茶人、千利休が好んだといわれる、深い緑色がかった灰色のことです。 北原白秋の「城ヶ島の雨」に唄われて、すっかり有名です。 渦潮は、ときにしぶきを上げ、潜り込み、その勢いの中さまざまな色を見せて飽きることがありません。 青、群青、紺そして利休鼠のこ...
七夕に らっきょの皮むく 目も沁みる(しみる)... 今日は七夕、残念ながら曇り空、といってもあたしはめったに星空なんか見上げない。なんか地面ばっかり見てる気がする。スーパーで袋入り、泥付きのらっきょをみつけた。らっきょうの酢というのもあった。これに漬け込めばまちがいないのだろう。便利なもんだ。さて洗って洗って、なんせ小さくて泥付きだから、何回洗っても...
日 短 か や 胃 瘻 は せ ぬ と 決 め た る も... ひみじかや いろうはせぬと きめたるも 冬の一日があっという間に暮れてしまうのは、なんとももったいない。 冬は夜の長い季節です。 なのになぜ、夜長と言わず短日と言うのでしょう。 ひところは、食べられなくなれば、当然のように胃ろうにしていた病院が、最近では変わりました。 呼吸だけして意識もな...
冬ごもり 白熱灯の 熱帯びて もう白熱灯は売らないらしい。節電じゃないし。 これで最後。 冬の白熱灯はいい。 熱を持って、ご飯がおいしく見えるし。 なにより、ほのぼのする。 きれいに掃除した部屋で、ストーブにお湯がしゅんしゅんと沸いている。 ほんとは火鉢が欲しいんだけど、一酸化炭素中毒になりそうでやめてる。 小さな丸テーブル(脚...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください