シ ネ マ 出 で ネ オ ン 運 び し 秋 の 川

わたしは、盛り場の夜の雰囲気が嫌いではない。
川面に映るネオンを見飽きることがない。
独特の匂いがする。
昼間通れば、汚れの目立つ、なんのことはない街が、変身するのが、むかしから面白かった。
綺麗なお姉さんの中に、ほとんどすっぴんの人もいた。
上客が付いていた。
薊のかずよさんて女性。
目がクルッとしてて、色はどちらかといえば黒く、明るくて、話題の豊富な素敵な人だった。
わたしは、昼間にしか会ったことがなく、夜の姿を見てみたかったが、それには、お店が上等すぎた。
こんな魅力的な大人になりたいと憧れだった。
遠いむかしのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください