ク ロ ー バ ー 摘 む を の こ 鬱 し 若 き こ ろ

くろーばー つむおとこうし わかきころ

四つ葉のクローバー探すなんて、ぜんぜん興味なかった。

あれは、踏みつけて歩くか、疲れて座るものと心得ていた。

屈んで探し、見つけたと得意そうに渡してくれるクローバーもその人も疎ましかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください