ク リ ス マ ス 場 末 の ネ オ ン な お 楽 し

くりすます ばすえのねおん なおたのし

ジムのサウナ友だちに、呑み屋のママがいます。

ある日のこと、気取った客から、「中洲に比べれば、バスエだ」と言われた、失礼なと、ぷんぷん怒っていました。

まあそんなことって、話は合わせたものの、確かに中洲と比べれば、雑餉隈はバスエでしょう。

ただ、自分がバスエで呑んでいて、そんなことを言っても、だれも喜ばないし、楽しい気分に水をさすだけです。

だったら、中洲で飲めよって話です。

品が少々落ちて、ママが歳をとっている分、料金も安いわけです。

きれいなおねえさんが、乾き物のツマミを出し、まだ半分残っているのに勝手におかわり作ったり、「アタシもいただいていいかしら」なんて、見栄っぱりのオトコ連中が断れないのを見越して、さらにふんだくられるのが楽しければ、上等と言われる店に行けばいいのです。

むかしは美人だったけれど、かなりの年齢のママがひとりでやっている店、ツマミは小皿を五種類出してくれる、気の置けないところがスキなら、バスエで楽しめばいいのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください