ク リ ス マ ス ロ ー ズ と き に は 意 見 言 へ

くりしますろーず ときには いけんいえ

クリスマスローズという花をご存知でしょうか。

多年草、毎年放っておいても芽を出します。

英国では、クリスマスに咲くように、温室栽培されるそうですが、そうでなければ二月三月頃に咲きます。

いろんな色があり、けっこう大きな花をつけるので、ファンは多いと思います。

わたしも好きです。

ただ、とてもうつむき加減なので、生け花にすると、花が見えません。

たまにはまっすぐ向いて咲けよと思ってしまうわけです。

うつむき加減というのは、便利なもので、しとやかでたおやか、清楚で上品、人間のオンナだとそういう評価を受けます。

無口と控えめとはちがいます。

静かでいて、根性の悪い人、います。

わたしみたいに、ちゃあちゃあしゃべると、ガサツで下品でたくましいと思われがちですが、人が思うほどひどくはないと言いたいのです。

ごくたまにですが、いい人のときもあるのです。

誰も気づかないだけです。

今年は、クリスマスローズのように、うつむき加減で、ひっそりと、誰かが支えてやらないとオーラ全開に、人格を変えてみせます。

やればできるような、そんな気もしてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください