カルストの 野焼きの原に 芽のふいて

一面のカルスト台地、野焼きのあとは黒々として
下の下からは、あおあおと草は静かに、でもたしかに
生命力にあふれ、いっせいに伸びるときを待っています。
あたたかい雨が大地を潤すまで、もう一息。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください