カ タ ツ ム リ 来 し 方 の 迷 い 歴 然 と

20100627 Jozan-en 5 (Snail)
20100627 Jozan-en 5 (Snail) / BONGURI

かたつむりの動いた後はなんかべとっと粘液がついて、よくわかります。
決してまっすぐは行ってないのです。
よろりと回り道をしたり、その場でくるっと回ったり、あたしもそうすれば人生間違わなかったかもしれない。
考え、考え、ゆっくり歩くのです。大切なことです。

この句も読まれています。

口 蹄 疫 牛 の 怨 嗟 や 遠 い 夏 こうていえき うしのえんさや とおいなつ 宮崎県で、おそらく韓国から持ち込まれたとウワサの肉牛の病気、口蹄疫なるものが蔓延し、多くのウシが注射一本で殺され、埋められ、(ほとんど生き埋めに近いと思われますが)、酪農家の生活をおびやかし、これだけはと、嘆願された種牛も、すべて殺すことになった、悪夢があ...
椰 子 の 実 に 芽 の 出 づ 芒 種 雨 宿 り... やしのみに めのいずぼうしゅ あまやどり ぼうしゅ。 若葉の季節を過ぎ、梅雨に入るころから、夏至にかけての時季を言います。 いろいろな作物や草木のタネや苗を植えるにいい時季という意味だそうです。 どうやって手に入れたやら、枯れたような色のヤシの実から小さな芽が出ています。 「名も知らぬ遠き...
盆 波 の 寄 せ 来 る 浜 に 立 ち 居 た り... ぼんなみの よせくるはまに たちいたり 盆に寄せる波は、亡くなったあの人この人を想い出させます。 もっと話せばよかった。 忙しさにかまけて、そのうちそのうちと思っているうちに、病を得て、そうなるともう自然ではいられなくなります。 顔色を見ながら、言葉を選びながら、本音で話すことは出来なくなり...
花八手 ここまでひそかに 日暮れ行く... もともと日陰を好む八手は、日暮れが似合いそう。 目立たないながら、少し昔の普通の家の角や中庭にはなくてはならない存在です。 なんとなくしっくり落ち着くからでしょうか。...