カ タ ツ ム リ 来 し 方 の 迷 い 歴 然 と

20100627 Jozan-en 5 (Snail)
20100627 Jozan-en 5 (Snail) / BONGURI

かたつむりの動いた後はなんかべとっと粘液がついて、よくわかります。
決してまっすぐは行ってないのです。
よろりと回り道をしたり、その場でくるっと回ったり、あたしもそうすれば人生間違わなかったかもしれない。
考え、考え、ゆっくり歩くのです。大切なことです。

この句も読まれています。

茨 の 芽 ご め ん ご め ん と 鋏 入 れ... いばらのめ ごめんごめんと はさみいれ 薔薇の剪定は2月と決まっています。 この時季に剪定しないと、春にきれいな花をつけることが出来ないと、NHKの「趣味の園芸」で言ってました。 2月も終わりですから、紅い新芽がいっせいに出たところです。 もう少し早く取り掛かればよかった。 この小さな芽吹...
山 風 の 吹 き 来 し 石 榴 実 を 割 か つ... やまかぜの ふきこしざくろ みをわかつ 石榴は、小さな固い実を付けてからが長いのです。 夏の猛暑から、秋口の残暑を経ても、なお固いまま。 秋になり、山から「おろし」と呼ばれる冷たい風が吹き降りてくる頃、ようやくかっぱりと割れます。...
秋 冷 や 今 朝 よ り 三 和 土 (たたき) ひ た ひ た と... 朝夕が、寒くなったせいか、空気が澄んできたせいか、農家の広い土間の感触がちがう。 吸いつくように、ひたひたと、そしてやたら冷たい。 外はまだ暑いけれど、待ちに待った秋が来た。...
蛇 の 舌 ち ろ り 誘 ふ 別 の 道 へびのした ちろりいざなう べつのみちヘビがきらわれる原因のひとつに、あのちろちろと出たり引っ込んだり忙しく動く細くて長い舌があるのではと思います。もししゃべるなら、良からぬ道を教えそう。人生は選択の連続。あの親の子として生まれたからには、あるところまでは自身で決めることなどできなかったのも当然...