インクの香(か) 艶も極めり 寒の夜

手紙はやっぱり万年筆。字が下手ながら、あのインクの
匂い、艶、あの少し引っかかるような書き心地。
冷え込む夜は一段と鮮やかに感じるのは気のせいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください