わさび漬け 涙流して 箸の先

今では全国どこでも買うことのできるわさび漬け
むかしは静岡でしか買えなかったのです。
ベニア板のような素材の丸い薄い木の入れ物に
入っていて、ふたも同じ素材で、たしか黄緑色の
紐でくくられていたとおもいます。
開けるときっちりとビニールで覆われていて、
またそれを開けると、新鮮な強いわさびの香りが
しました。
お箸の先にちょっとつけて口に含むと、
頭の後ろを通って、てっぺんに稲妻が走るのです。
「おお」という感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください