よ く 漕 げ ば ふ ら こ こ た わ む 空 近 し

よくこべば ふらここたわむ そらちかし

ふらこことは、ブランコのことです。

子供のころ、近所の神社の片隅にあった、ブランコとシーソー、ひと幅の鉄棒でよく遊んだものでした。

ブランコは、静かにこぐぶんにはいいのですが、ある高さに達すると、たわむと言うか、一瞬ふわっと体が浮く感じがして、臆病者のわたしは、口には出さなかったけれど、けっこうこわい思いをしました。

勇敢な友だちは立ってこぎ、どこまでも力を抜かず、勇ましかった。

そんな子は、縄跳びも上手く、縄を唸らせて連続二重飛び、大縄跳びもリズミカルに入ったり抜けたり。

命がけのわたしとは大ちがいで、見惚れたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください