ようやくに 水辺を染めて 花筏(はないかだ)

桜は咲く前から、咲き始めてから、そしていつ散るか、もう散るかと落ち着かない日々を過ごす。春の雨に、風に、ようやく散って水に浮かぶ。なんかほっとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください