もう君を 思わずに行く 夕時雨(ゆうしぐれ)

あれこれと人を想うことの煩わしさよ、ひとときのときめきは、不安や焦りにすぐにとってかわり、なんと疲れることよ。
もう疲れることはやめよう。この冷たい秋の雨はひとりで乗り切る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください