め ら と 燃 ゆ 畦 の 投 げ 火 や 曼 珠 沙 華

めらともゆ あぜのなげびや まんじゅしゃげ

ヒガンバナは、一晩でぱっと咲くものではありません。

ひとつの花に、五弁ほど集まっていて、それがひとつずつ開くのです。

まるで、固いこぶしを、ひとつひとつ指を開かせてゆくように。

ずらりと並んだみごとな赤い色は、細長い畦に、ぽっと火を投げたように見えなくもないのです。

ヒガンバナは宿根草ですから、放っておいても毎年咲くのですが、きれいに咲かせるためには

手入れが必要だと聞きます。

毎年少しずつ足していかなければ、美しさを保てないとか。

自然に生えてると思い込んでいたのですが。

苦労があったと知って、あたまが下がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください