ほととぎす 偲んで密かな 華が咲く

人を好きになったときの気持ちは、ホトトギスの立ち姿に似ている。
どうしようもなく気持ちが強くなるけど、口には出せず、ただぎこちなくなる。
でもときにはそういう気持ちが伝わるというか、したたかに伝えてるのか。
水滴が滴り落ちて、瓶に溜まるように、静かに進む感覚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください