は ら り と す 遠 き 日 付 の 秋 栞

猫のしおり
猫のしおり / snogglethorpe

古い本を読み返してみた。
はらりと落ちた栞は、む
かしたしかあの人に貰っ
た。日付と短いメモ、た
ぶん面倒だから、そこに
あった栞をメモ替わりに
したんだと思うけれど、
まあ過ぎてしまえば、た
だただなつかしく想い出
されることばかり。いま
この瞬間も、いずれは想
い出に色を変えるのだろう。

この句も読まれています。

揚 が り 初 む ま で 時 の あ り 初 の 凧... 100103 / tamakisono 広場で子供が四苦八苦している。一生懸命凧糸を持って走るんだけど、凧は地面を転がるようについていき、なかなか上がろうとしない。何回も何回も挑戦。少し上がっては墜落を繰り返しているうちに、ちょっとずつ距離が延びてきた。今ではもう、走り回らずに、糸を緩めたり、引いた...
か な か な の 鳴 く 暇 (いとま) な し 盆 の 雨... Raining 雨降り / urawa 送り火の今日、しょうしょうと降る雨は 止む気配さえない。もうツクツクボウシ が鳴き始める頃なのに、何処に隠れてい るのか。盆に降る雨はなぜかしみじみと する。秋の気配もちらとする。...
石蕗の花 咲く一面の 霜枯れに つわの花は強い。 そこら一面霜が降りて、ただでさえ見るかげのない狭い庭は、もう霜で押し潰されたみたいに、 ペシャっと死んだようになってるのに、緑のまあるい大きな葉っぱに守られて、 黄色の花弁の明るい花をさかせます。 ペッシャっと死んだ庭が息をつきます。...
はしり梅雨 グリンピースの ご飯炊く... 豆ご飯は独特のにおいがして、嫌いだという人もいるが、わたしは春のにおいがして好きで す。炊飯器のふたを開けたら、湯気といっしょに豆のかおり。色もあざやかなつやつやの緑色 塩は少しにしている。グリーンの色が落ちるのがいやで、保温はしない。なるべくすぐ食べてし まう。おかわりしてしまうのが、困ったこと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください