は ら り と す 遠 き 日 付 の 秋 栞

猫のしおり
猫のしおり / snogglethorpe

古い本を読み返してみた。
はらりと落ちた栞は、む
かしたしかあの人に貰っ
た。日付と短いメモ、た
ぶん面倒だから、そこに
あった栞をメモ替わりに
したんだと思うけれど、
まあ過ぎてしまえば、た
だただなつかしく想い出
されることばかり。いま
この瞬間も、いずれは想
い出に色を変えるのだろう。

この句も読まれています。

病 棟 の 窓 に 向 ひ て 大 花 火 びょうとうの まどにむかいて おおはなびこの河原の花火大会は、もう大昔からのものです。子どものころ、蚊に刺されながら観た覚えがあります。当時は、まわりは何もなかったけれど、すっかり都会に変貌しており、大きな医療センターもできました。とてもきれいで、迫力があったと聞きました。...
寒雲の どこまで空か 海荒れて 一面の冬の雲、灰色の海は波荒く、うねるようで恐ろしい。 いつもなら見えるはずの小島も見えず、たたきつける波のしぶきだけ白い。 冬の海は見ていて、すごい、飽きない。...
日盛りに 夾竹桃あり なお暑し 夾竹桃は、見るだけで暑い。 見るだけで、夏ばてしそう…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください