は ら り と す 遠 き 日 付 の 秋 栞

猫のしおり
猫のしおり / snogglethorpe

古い本を読み返してみた。
はらりと落ちた栞は、む
かしたしかあの人に貰っ
た。日付と短いメモ、た
ぶん面倒だから、そこに
あった栞をメモ替わりに
したんだと思うけれど、
まあ過ぎてしまえば、た
だただなつかしく想い出
されることばかり。いま
この瞬間も、いずれは想
い出に色を変えるのだろう。

この句も読まれています。

普 請 声 少 し 険 し く 秋 の 暮 Building under construction ビル建設中 / urawa 秋の日は釣瓶落とし。ふとした間に、あっという間に陽が落ちる。大工仕事も陽のあるうち。気のせいか、三時をまわった頃から気合が入る。今日の仕事は今日のうち。気合を入れられる方は、大変だと思う。なんにしても、働くのはたいへ...
終 電 に 冬 三 日 月 の つ い て く る... しゅうでんに ふゆみかづきの ついてくる 中秋の名月などとはちがい、冬の月は硬くて冷たい。 板金で作ったような月に、影のようにウサギがいる、そんな感じです。 道は適当に明るくて、月明かりを必要としているわけでもないのに、板金の月は離れず付いてきます。 今年ももうふた月が過ぎたと、そのたったふ...
話したき 人ふたりあり 炎暑の盆に ... どうしても自分が納得できない、なぜこうなったか、なぜ親に捨てられたのか。解決できないことを解決しないと、前へ進めない。いつもいつも考えているわけではないけど、聞きたいことが山ほどある。子供を馬鹿にするでない。母親には手紙を出したけど、動けなくなった今では、気の毒なことをしたのかもしれない。なんでいつ...
弔 ひ て 舌 赤 う し て か き 氷 とむらいて したあこうして かきごおり 暑い最中の葬儀。 葬儀社ではなく、古い菩提寺でのお葬式は、汗がふきだして大変はたいへん。 かき氷屋に飛び込むこともうなずけるといえばうなずけます。 人間ってそんなもの、そんなもの。 来てくれたことに感謝です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください