なお生きて 母ひりひりと 極暑なり

幼い時に別れた母親が、遠いところで、病に臥せっている。
治るはずのない、多系統萎縮症だという。
縁の薄い親子だったと思う。
わたしは薄情だろうか。
事情はあるにせよ、必要なときに何もしてくれなかった人に、あまり情も湧いてこないのが、正直なところである。
ただ、苦しい日々が続くのは、とても可哀想で、早く終わって、楽になってくれればと思う。
現実を見るのも怖くて、見舞いにもいけてない。
行ったほうがいいのかなと思う。
何を話せばいいのか、わからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください