ど く ど く と 息 吹 き の 音 や冬 欅

どくどくと いぶきのおとや ふゆけやき

冬の枯れた姿の樹々の中でも、ケヤキの木の雄大さには定評があります。

堂々として、枝の先の先まで繊細で、見映えがとてもいいのです。

音が聞こえるわけではないけれど、この先の厳しい天候は、なくてはならないものとして、力を蓄え、季節が巡るとひとまわり大きく、さらにたくましくなります。

この句も読まれています。

糸瓜棚 子規の景色に あったとか 正岡子規は、脊椎カリエスで、晩年は部屋から出ることがかなわなかったとありました。 床のある部屋の前には、糸瓜の棚が作られていて、それをご覧になったとか。 人はいろいろ頑張ったり、努力したり、悪あがきしたりするけれど、どうにもならないことの 多いこと。 悔しかったり、むなしかったり、先が見えないほどの...
有 明 の 引 き 潮 を 追 ふ 鰯 雲 ありあけの ひきしおをおう いわしぐも 一日に二回の干満を繰り返す有明海。 干潟。 その速さは驚くほどで、みるみるうちに海が無くなったり、水平線の向こうから、ひたひたと押し寄せる様は恐怖さえ覚えます。 空は秋のいわし雲。 見ていて飽きません。...
犬 ふ ぐ り 吐 息 ひ と つ を 見 逃 さ ず... いぬふぐり といきひとつを みのがさず 犬ふぐり、早春の野を染める愛らしい、ホントに小さな花です。 雑草です。 花の中心は白く、花びらは水色です。 緑の葉とともに地面をおおうように広がります。...
天領と 呼ばれる町に 梅雨(あめ)止まず... 天領日田。 森の町。うっそうと繁る木々。 山から引き下ろして、貯木場に、立派な丸太が揃う。 いつ止むとも知れぬ雨が明け方から降り続く。 山はひたひたと潤い、樹々は黙々と育つ。 空は低く、一点の晴れ間もない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください