ど く ど く と 息 吹 き の 音 や冬 欅

どくどくと いぶきのおとや ふゆけやき

冬の枯れた姿の樹々の中でも、ケヤキの木の雄大さには定評があります。

堂々として、枝の先の先まで繊細で、見映えがとてもいいのです。

音が聞こえるわけではないけれど、この先の厳しい天候は、なくてはならないものとして、力を蓄え、季節が巡るとひとまわり大きく、さらにたくましくなります。

この句も読まれています。

世 の 中 は 捨 て よ 捨 て よ と 更 衣 ( ころもがえ )... 1/8640 / Yosuke WATANABE / 渡邉 陽介 『断捨離』と言われ出して久しい。 身軽になって、ほんとうに好きなものに囲まれて、ときめいて日々送るのが、いちばん素敵なことらしい。 そのまんま、真に受けて、着るものが無くなった人がいるとか。 テレビでも雑誌でも見たけれど、収納の仕方...
赤まんま 人には言えず 高い空 タデというらしい。赤い地味な雑草。昔なつかしい感じがして、咲けば、秋になったと実感する。この先どうなるのか不安で、潰れそうになることがある。これは、また鬱か、ただの落ち込みか。赤まんま、わたしは昔から弱いのか。遠い遠い日から生きることが下手なのか、苦労が多いのか、人と比べない、比べない。...
いわし雲 まだだいじょぶか 我に問う... 仕事が見つからないから、頑張ってないと凹みそうになる。へこんだら、仕事も探せなくなりそうで、いつも元気でいないといけないようで、変な疲れ方をする。「まだ大丈夫か。今日はくじけてないか。今度のところがダメでも、落ち込まないでいられるか」ときどき確認している。...
梅雨さなか マンション引越し もっと降れ... 新築の大マンションができた。おかげで、あたしの部屋から 見える空は三分の二に減った。梅雨なのに、連日引越しの トラックが鈴なり、なんかリビングの照明なんか張り切ってるのが、 レースのカーテン越しに伝わる。そんなにうれしいかい。 おかげで夜は、明々として、かぐやひめが月に帰るようだ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください