ど く ど く と 息 吹 き の 音 や冬 欅

どくどくと いぶきのおとや ふゆけやき

冬の枯れた姿の樹々の中でも、ケヤキの木の雄大さには定評があります。

堂々として、枝の先の先まで繊細で、見映えがとてもいいのです。

音が聞こえるわけではないけれど、この先の厳しい天候は、なくてはならないものとして、力を蓄え、季節が巡るとひとまわり大きく、さらにたくましくなります。

この句も読まれています。

寒の鯉 氷る水面の 気にかかり 鹿児島に伊佐という市があります。 以前はたしか、大口市といっていた。 オオグチじゃなくて、オオクチって、教えられたことがあります。 九州の北海道だったか、鹿児島の北海道だったか、そういうふうに言われているとか。 冬の寒さは、南国鹿児島とは、とても思えない。 驚くほど冷え込むのです。 池には氷がはり、...
冬 越 し て 倒 木 倒 木 ら し ゅ う な る... ふゆこして とうぼくとうぼく らしゅうなる 虫喰いか病気で、去年の夏の終わりころ倒れてしまった木が、そのまま邪魔にならないからそこに置きっ放しになっていました。 すっかり風景に馴染み、寒い冷たい冬を越してからは、あるべくしてそこにあるような風情に成長しました。若萌えの草も、そのつもりで育ってきた...
天 近 し 雪 の 脊 振 の 一 家 言 てんちかし ゆきのせふりの いっかげん とても遠いのですが、脊振山という山がそびえています。 とても高いので、どの山より早く冠雪します。 慌てるな。 成るように成る。 成るようにしかならない。 そんなときも、おろおろしたって、なんにもならない。 そんなことを言われているような気がするの...
秋の風 介護ロボットなら よかり rロボットなら、ため息をつくこともなかろう。ああまたかと思うこともなかろう。介護は排泄、排泄が介護。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください