た ま ご か け ご 飯 食 え よ と 羽 抜 鶏

たまごかけ ごはんくえよと はぬけどり

ニワトリは夏を迎えるころ、羽が抜け替わります。

それはもう貧相というか、あきれるほどのおかしさです。

カラダ中の毛が抜けて、こんなに痩せてたかと驚くほどです。

ぜんぶ抜ければ、それはそれなりかもしれないけれど、ボロギレが走り回っているように見えます。

放し飼いですから、足腰の筋肉は鍛えられており、どこでもかなりのスピードで走り回ることできます。

最近では、たまごをナマで食べることもすっかりなくなりました。

鳥インフルエンザなどと怖ろしい病気も心配です。

むかしは定番でした。

ハヌケドリは、自分のたまごには自信があるようで、鶏舎の隅のあちこちの産みたてのたまごを、ナマで食えナマで食えと言ってるような気がします。

この句も読まれています。

沈 下 橋 つ つ つ と 下 り て 浅 き 春... 沈下橋とは、概ね河川敷と同じくらいの高さに作ってあり、ふつうの状態では橋として使えるものの、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことです。 低い位置に作るので、廉価で早くできるというメリットがありますが、増水時には橋として機能しなくなるという欠点を併せ持ちます。 橋の両岸で高低差があるときは、一方が通...
琵琶色の 着物をほどく 梅雨の午後... 「着物リメイク」本を買いました。たしかばあちゃんちの物置に、ひいばあちゃんの着物がうち捨てられていたはず。 テレビや本で紹介されているようないいものでは決してないけど、あたしみたいなヘタクソの遊びには、もったいなくないから、ちょうどいい。ちょっと失敬してきたが、なんせばあさんくさい。 枇杷色なんて言...
盆 の 浜 常 世 の 波 の 寄 せ 返 し ぼんのはま とこよのなみの よせかえし トコヨ。 お釈迦さまがおいでになるところ。 あの世。 盆には、亡くなった人びとが帰って来ると云います。 寄せては返す波も、遠い世界の波かもしれない。...
秋水の 冷たさ朝の 米を研ぐ(とぐ)... つい先日まで、生ぬるかった水が、きりっと冷たい。 いよいよというか、ようやく秋。 新しい靴を買おうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください