た ま ご か け ご 飯 食 え よ と 羽 抜 鶏

たまごかけ ごはんくえよと はぬけどり

ニワトリは夏を迎えるころ、羽が抜け替わります。

それはもう貧相というか、あきれるほどのおかしさです。

カラダ中の毛が抜けて、こんなに痩せてたかと驚くほどです。

ぜんぶ抜ければ、それはそれなりかもしれないけれど、ボロギレが走り回っているように見えます。

放し飼いですから、足腰の筋肉は鍛えられており、どこでもかなりのスピードで走り回ることできます。

最近では、たまごをナマで食べることもすっかりなくなりました。

鳥インフルエンザなどと怖ろしい病気も心配です。

むかしは定番でした。

ハヌケドリは、自分のたまごには自信があるようで、鶏舎の隅のあちこちの産みたてのたまごを、ナマで食えナマで食えと言ってるような気がします。

この句も読まれています。

ミモザ咲く 遠い異国の 香りして 黄色の綺麗な花を咲かせるミモザ。 なにが魅力か、よく観察したところ 花の黄色に、葉の緑が写り込んでい るところかと思うのです。ほかの黄 色い花とは違うところです。その一 体感が樹そのものを大きく引き立て るのです。華やかで、そのうえ花は 小さいため、木蓮のように、花が散 った後が汚くならないからいい...
里 芋 に 包 丁 滑 る み な 小 ぶ り さといもに ほうちょうすべる みなこぶり 里芋は小さいほうが美味しいと信じています。 ですから、皮をむくのが面倒なのはわかっているのですが、つい小さいものが袋いっぱい入っているものを求めます。 すべりすべりして皮むきをするので、小さい里芋はさらに小さくなります。 それでも美味しいからしょうが...
寒 卵 生 で 食 べ よ と 卵 売 り かんたまご なまでたべよと たまごうり 放し飼い、自然由来の成分にこだわった飼料で育てたニワトリだから、自信作なのでしょう。 よそとはちがう。 ぜひ、ご飯にかけて生で食べてほしいと。 ニワトリは、たとえ栄養失調状態でも卵を産むと聞いたことがあります。 それに最近のブロイラーは、たくさん卵を...
春一番 過ぎてなお吹く すきま風 きのう、台風のような春一番。 これでいちだんと春が近づいてくるのでしょう。 人の言葉や態度に感じたすきま風は、 そう簡単に吹き去るものではありません。 この人は、こんなことを考えてたのか。 こういうひとだったのか。 心臓がうしろに引っ込むときや、 心にすきま風が、吹いたり、吹きすさんだりすることが、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください