たゆまなく 代掻きのあり 夏は来ぬ

米作りはおお仕事。毎年同じ時に、おなじ作業や準備をしなければならない。
代田作りは毎年いまごろ、そそして田植え、炎天下の草取りなどなど。
そうしているうちに人が死ぬ。
法事もやらなければならない。
心が落ち込むこともあるでしょうに、野菜もコメも動物も待ってはくれない。
どれだけのストレスなのだろうと思う。
あたしは、ちょっとなんかいやなことを言われたりしたら、もう大変。
雨戸は閉める。
ご飯は作らない。
食べない。
布団かぶって、寝る。
どんなに苦しい時も、やることをしゅくしゅくとやれる人を心から尊敬します。
そういう強さが欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください