こ の 性 の 哀 し か ら ず や 百 舌 の 贄

このさがの かなしからずや もずのにえ

キーッキーッという甲高いモズの鳴き声は秋ならではのものです。

昆虫やトカゲなど小さな生き物を捕らえ、冬の間の食糧として木の枝や有刺鉄線などに刺しておきます。

「モズのニエ」です。

こんなことをする鳥はほかに知りません。

大事なはずのモズのニエが、忘れ去られているのも、よくある光景です。

捕って満足するのかもしれないと思います。

この習性で、「なんと残酷な」との烙印が押されたようで、気の毒です。

仲間を見て習得したのではなく、持って生まれた習性かと思うのです。

鳴き声の激しさと、生きたまま串刺しにする残酷さばかりが言い継がれ、どんな顔してるとか、大きさとか、ほかの生態とか聞いたこともありません。

この句も読まれています。

遠 花 火 炭 坑 の 町 ピ ザ の 街 とおはなび たんこうのまち ぴざのまち 炭坑といえば、九州では筑豊です。 石炭産業が衰退して以後、ずいぶんと低迷していた町は、まずお菓子製造で息を吹き返したようです。 今ではもっといろいろさまざまに発展しているとのことです。 筑豊の添田町に食べ放題のピザ屋ができて、評判だというから、以前の職...
来た道の 辛さ集めて 波の花 冬の海は暗くて、厳しい。あまり明るいことは考えられないもの。過ぎてきた季節を、歩いてきた道を想うとき、辛かったことが走馬灯のようにつらつらと浮かぶものです。それにしても冬の海はいい。風は強いほうがいい。波がぶつかり合い、波の花が出来るほど、寒いのがいい。...
梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは、あまりない。 目が覚めたとき、何故かいつも疲れている。 そして目が覚めてからも、暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。...
山笑う 高齢化率 町一番 むかし開けた団地が、老人団地になっている。 当時は、小さい子供を抱えた団塊世代。 子供たちは巣立って、年寄りばかりが残された。 当時は誰も予想だにしなかったこと。 先のことはわからない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください