こ の 性 の 哀 し か ら ず や 百 舌 の 贄

このさがの かなしからずや もずのにえ

キーッキーッという甲高いモズの鳴き声は秋ならではのものです。

昆虫やトカゲなど小さな生き物を捕らえ、冬の間の食糧として木の枝や有刺鉄線などに刺しておきます。

「モズのニエ」です。

こんなことをする鳥はほかに知りません。

大事なはずのモズのニエが、忘れ去られているのも、よくある光景です。

捕って満足するのかもしれないと思います。

この習性で、「なんと残酷な」との烙印が押されたようで、気の毒です。

仲間を見て習得したのではなく、持って生まれた習性かと思うのです。

鳴き声の激しさと、生きたまま串刺しにする残酷さばかりが言い継がれ、どんな顔してるとか、大きさとか、ほかの生態とか聞いたこともありません。

この句も読まれています。

待 機 機 の 見 え 隠 れ す る 春 霞 たいききの みえかくれする はるがすみ 滑走路が一本しかないためか、昔と比べて離着陸が極端に増えたせいか、よくあれで上手くやれるなと感心するほどの滑走路の混雑ぶりです。 空の上では、順番を待って旋回するものもあり、かすみのかかった春の曇り空の中、何処へ行ったのかと見失えば、とんでもなく遠方から、急...
爆 雷 や 留 守 番 の子 膝 を 抱 き home alone / s_herman なにかしら恐ろしいものが近づいてくる。 玄関で、膝小僧をだいて、一人留守番の子。 子ども好きではないけれど、可哀想で、可愛らしい。...
サーバーの 最後の一滴 梅二月 毎日まいにちシールを集めて、努力の結晶で 手に入れたサントリープレミアムのサーバー 良く出来たもので、一瞬真空パック状態にな り、最後の一滴まで無駄にしない。手前に引 くとビール、向こうに押すとクリーミーな泡 地震が来たら、これ持って逃げるかもしれな い。人生の友だち。...
黄 櫨 紅 葉 心 臓 ま で も 赤 く 染 む... はぜもみじ しんぞうまでも あかくそむ はぜ・・・ロウソクの原料になると聞きます。 はぜの紅葉は、燃えるように真っ赤になって、情熱的です。 其処らのカエデの紅葉とは迫力がちがいます。 なんと言うか、たぎるような赤です。 ただ、マケる人がいます。 皮膚が赤くなって、痒みが出て、熱も持つようです。 用...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください