こ の 性 の 哀 し か ら ず や 百 舌 の 贄

このさがの かなしからずや もずのにえ

キーッキーッという甲高いモズの鳴き声は秋ならではのものです。

昆虫やトカゲなど小さな生き物を捕らえ、冬の間の食糧として木の枝や有刺鉄線などに刺しておきます。

「モズのニエ」です。

こんなことをする鳥はほかに知りません。

大事なはずのモズのニエが、忘れ去られているのも、よくある光景です。

捕って満足するのかもしれないと思います。

この習性で、「なんと残酷な」との烙印が押されたようで、気の毒です。

仲間を見て習得したのではなく、持って生まれた習性かと思うのです。

鳴き声の激しさと、生きたまま串刺しにする残酷さばかりが言い継がれ、どんな顔してるとか、大きさとか、ほかの生態とか聞いたこともありません。

この句も読まれています。

春の月 遠いむかしの 恋敵 あの頃は必死だった。頑張ったところで どうにもならないものを、諦めきれずに 身を揉んだ。今になってみれば、遠い想 い出。話もする。笑いもする。年を重ね るのも悪くないと感じる瞬間。...
蜃気楼 捨てられし子の 親の影 子供は親を探すものです。いつもいつも。そして大人が思うよりずっと賢い。なんでもわかって いるのです。だから大人が聞かれて困ることは聞かないのです。胸の奥の涙の壷に一滴、ま た一滴と涙のしずくを落とすのです。大人は誰も気づかない。...
宅 地 よ く 売 れ し 冬 ざ れ 吉 野 ヶ 里... たくちよく うれしふゆざれ よしのがり 弥生時代の広大な遺跡が発見された吉野ヶ里。 発見した功労者が、雷に打たれて亡くなるという悲惨なこともありました。 当時、田んぼしかない田舎町だったところは、今佐賀市と鳥栖市の中間に位置していることに目をつけられ、ベッドタウンとして急速に宅地化が進んでいま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください