こ の 性 の 哀 し か ら ず や 百 舌 の 贄

このさがの かなしからずや もずのにえ

キーッキーッという甲高いモズの鳴き声は秋ならではのものです。

昆虫やトカゲなど小さな生き物を捕らえ、冬の間の食糧として木の枝や有刺鉄線などに刺しておきます。

「モズのニエ」です。

こんなことをする鳥はほかに知りません。

大事なはずのモズのニエが、忘れ去られているのも、よくある光景です。

捕って満足するのかもしれないと思います。

この習性で、「なんと残酷な」との烙印が押されたようで、気の毒です。

仲間を見て習得したのではなく、持って生まれた習性かと思うのです。

鳴き声の激しさと、生きたまま串刺しにする残酷さばかりが言い継がれ、どんな顔してるとか、大きさとか、ほかの生態とか聞いたこともありません。

この句も読まれています。

気 が か り は 春 愁 と 言 ふ ひ と く く り... 小さな心配は、水を含んだ海綿のように膨らむ。 何が変わったわけでもないけれど、このだるさはなに? そろそろ花粉症・・・?...
病葉の どこが悪くて 落ちたやら 落ちるはずのない季節に落ちる。 そんなこともある。
蕾とは かけはなれてあり 冬の薔薇 硬い蕾の時期が長い冬の薔薇。真っ赤な蕾が ほどけてくれば、うすいピンクだったり、 縁取りのある黄色がかったオレンジに近い ものだったり。楽しみが尽きない。この寒さ のなかよく咲くものだと感心する。...
いつの間に 育みし(はぐくみし)瑠璃(るり) 龍の玉... 龍の髭の奥の方に置かれた、龍の玉。 つるっとして、紺碧の色、宝石のような輝きと驚き。 繁茂してきた春の草を抜こうとして、見つけた。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください