こ こ だ け の 話 と 言 ふ た に 木 下 闇 ( こしたやみ )

人間というものは、そもそもこんなものであろう。
悪いのは、わたし。
いちばんに秘密を漏らしたのだから。
くるくると回りまわって、本人の耳に入ることまでは、考えなかった。
悪かった。
職場で、酷くいやがらせを受けているとのことだった。
あいつなら、やるだろう。
それにしても、酷すぎると、わたしも腹がたったものだから。
もう、しゃべらない。
信用して、話してくれたものを。
もう、しゃべらない。
ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください