かなかなの 鳴く暇(いとま)無し 盆の雨

降ったり止んだりの、盆の雨。
降ったからと言って、涼しくなるものでもなく、
蒸し蒸しするだけ。
それでも雨が降っているあいだは、つくつく法師も鳴かず、
なかなか律儀なものである。

この句も読まれています。

全身に 鱗(うろこ)纏いて(まといて) 初仕事... 口を閉ざして、背筋を伸ばして、もう誰にも舐められない。 オーラを出して、さあ仕事。今までのわたしじゃない。 調子に乗るな。何を言ってもいいと思うな。 気を遣え。他の人にするように、わたしにも気を遣え。 もうおろおろしない。必要以上に謝らない。 見ていろ。...
壷 焼 き を よ く よ く ま ん べ ん な く ま わ す... I ate this. / 顔なし わたしは、サザエの壷焼きが大好きです。 ときたましか食べられませんが、コンロの上に魚やき器を載せて、その上にサザエをおきます。 火を中火にして、あ、その前にサザエのふたの横につまようじをぐぐっとさすのです。 でないと、焼きあがったときに、サザエが真空パックみたい...
春愁や 展示の美女の 空眼(そらまなこ)... 四千年前の発掘展示。美女と呼ばれる ミイラ。黒いロングヘアは往時をしの ばせる。骸骨の深く空いた両の眼は、 哀しみの色。なんで今ここにいるのか。 どうして展示されてしまったのか。気 の毒としか言いようがない。...
焼き鳥の 備長炭に 顔ほてり 焼き鳥は、備長炭で焼くのがいいらしい。いい炭で焼いたと思っただけで、なにやらうれしい。顔がぽっぽと熱くなる。表面ではなく、首から上の頭の真ん中が熱くなる。これは体調の良い時の現象で、一年のうち一日か2日だけ。今日はしあわせ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください