かなかなの 鳴く暇(いとま)無し 盆の雨

降ったり止んだりの、盆の雨。
降ったからと言って、涼しくなるものでもなく、
蒸し蒸しするだけ。
それでも雨が降っているあいだは、つくつく法師も鳴かず、
なかなか律儀なものである。

この句も読まれています。

ご う ご う と 芽 吹 き の 音 や ど の 幹 も... ごうごうと めぶきのおとや どのみきも 春が間近です。 もう芽を吹く寸前の樹々。 幹の中は、春の息吹に遅れまいと栄養を行き渡らせ、万全の準備を整えているところでしょうか。 桜ももちろん、名も知らぬ若木まで。...
虎落笛(もがりぶえ) 何が言いたい 身をよじり... また今夜も虎落笛が泣く。 何がそんなに悲しいか、言いたいことがありますか。 どうにもならないことばかりです。 泣いてすむなら、泣けばいい。 苦しいです。 生きて行くのは。...
サーバーの 最後の一滴 梅二月 毎日まいにちシールを集めて、努力の結晶で 手に入れたサントリープレミアムのサーバー 良く出来たもので、一瞬真空パック状態にな り、最後の一滴まで無駄にしない。手前に引 くとビール、向こうに押すとクリーミーな泡 地震が来たら、これ持って逃げるかもしれな い。人生の友だち。...
蕗薹 (ふきのとう) 愛を育む よに抱え... ふきのとうを見つけて、お裾分けしてくれた。 両手で包んで、そおっと手に渡してくれた。 満面の笑み。幸せのおすそわけ。わたしにも 春が来そうな予感をもらった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください