お お よ そ は 取 る に 足 ら ぬ と 寒 鴉

おおよそは とるにたらぬと かんがらす

今はこの一件でアタマがいっぱいという感じですが、これも時間が解決するのかもしれません。

一年も経てば、大したことではないとなるかもしれない。

そんなことは多いものです。

一年がムリなら三年?

命に関わるわけじゃなし。

しばらくはアタマの隅っこの一時保管庫に入れて、放置して置くことにします。

でないととりあえずの元気も出ませんから。

この句も読まれています。

お終いの 花まで看取る ほととぎす... わたしはほととぎすの花が大好きです。 咲いている季節も。 それが今終わろうとしている。 最後の花まで、しっかりみるつもりです。 そろそろ山茶花の季節です。 iPhoneからの投稿...
ま ず は 花 想 ひ 出 向 か う に 押 し や り て... みんなみんな前をのみ見て歩いているように見えます。 昔のことなどどうでもいいと、語る人もなく、話したところで思い出す人もないと感じます。 人には、つまらないことだからかもしれません。 今は立派なロータリーの出来た駅前で、泥んこの水溜りで遊んだことや、貸本屋のホラー漫画を、毎日3冊立ち読みして、2冊借...
凍 滝 の 裏 の つ ら ら の 雫 か な ときどき通る、ダムに通じる、山道と言うほどではない 春先なら緑あふれる森林浴パワー全開の細い道。 このところのあまりの寒さに、山間の、滝と言えるかどうか それでも普段は一応水の流れ落ちる涼やかな音を立てている小さな滝はつららの結集のように姿を変えた。 すべてが凍りついたわけではなく、裏側の氷柱は完全...
柘 榴 (ざくろ) な ら わ か っ て く れ る 心 地 し て... ざくろは、実が大きいのに、花は小さい、わりと目立たないオレンジ色で、さらに木はごつごつしていて、冬は味も素っ気もない。 ただカッパリと割れた実はとても魅力的で、きらきら輝く宝石のような小さい種がびっしりとある。 食べれば、甘酸っぱくて美味しいのだけれど、なにぶん種のまわりに薄く付いてるその宝石色の果...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください