お お よ そ は 取 る に 足 ら ぬ と 寒 鴉

おおよそは とるにたらぬと かんがらす

今はこの一件でアタマがいっぱいという感じですが、これも時間が解決するのかもしれません。

一年も経てば、大したことではないとなるかもしれない。

そんなことは多いものです。

一年がムリなら三年?

命に関わるわけじゃなし。

しばらくはアタマの隅っこの一時保管庫に入れて、放置して置くことにします。

でないととりあえずの元気も出ませんから。

この句も読まれています。

あでやかに そろうて見せる 唐辛子... 唐辛子を縄でくくって、きれいに並べて、まるで作り物のようです。 色も大きさも微妙に違うのに、並べると絵を描いたみたいに、素敵です。...
暮れてなお 闇夜とならず 水無月の夜... 一日雨、もう夜の九時なのに、明るいわけではないが、闇夜にはならず。そんな季節なのだろう。私は天文の知識はまるでないから、この妙な明るさが不思議なのです。田植えのすんだ田は、かえるの声が、うるさいほど。一日中雨が降ります。日がささないのに、真っ暗にならず、木々もその影は消えぬままです。静かな宵です。...
灯芯(とうしん)に まず火を入れて 鞄(かばん)置く... 寒い。ひとりの家に帰り着くと、まずストーブを つける。エアコンもつけるけど、まずストーブ。 わたしは芯がしだいに赤くなっていくのを見るのが好きです。 時間が経って、載せているホウロウの鍋から湯気がたつのも 好きです。...
露の世と 言いきかせども きかせども... 人生なんてあっとく間に終わる、50年たてば今わたしの抱えている悩みは、おそらく終わっているかと 思う。100年たてば、今いる人はみんないない。 そんなこと思っても、なかなか気が晴れるものではありません。 なかなかつらいものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください