お 茶 の 里 幾 層 の 星 寒 昴

おちゃのさと いくそうのほし かんすばる

八女茶が、今回栄誉ある賞を、ふたつも受賞したとか。

見渡す限りのお茶の畠は、背が低く、畝もきれいに整地されまるで水のない湖のよう。

夜は、心底冷えて、不要な灯りは無く、瞬く星は惜しげもなく姿をあらわします。

空気もよほどきれいなのでしょう。

冷気は、より一層夜空を、星を鋭くします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください