うつむいて クリスマスローズの 憂き顔よ

クリスマスローズという花をご存知ですか。
冬に咲く、名前ほど派手ではなく、
いつもうつむき加減に咲く、控えめな花です。
色も赤とか、黄色、紫などのはっきりした色ではなく、
なんともいえない薄い薄い色合いで、
わたしはとても気に入っています。

この句も読まれています。

猫 柳 川 面 の 光 糧 と し て 猫柳は、わたしの中では川の流れのすぐそばにあるのが一番だと思っています。 春が来て、まだときどき寒い日があっても、日差しは日一日と明るくなり、川はきらきらと輝きだします。 存分に浴びながら、猫柳は育ちます。...
吾 亦 紅 今 日 や る こ と は 明 日 に す... われもこう きょうやることは あしたにす ワレモコウという、秋の草というか、アレは花なのか、かわいくはあるのだけれど、あまのじゃくで言うことをきかないワンパクボウズのような風情の植物があります。 手ごろで、アクセントになるからか、秋のささやかな花束には、付け足しのように組み込まれています。 面...
風通る 道を教えし 野良の猫 猫は涼しいところ、涼しいところを探して、寝そべる。 夏の暑さのさなかにも、風の道があるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください