うつむいて クリスマスローズの 憂き顔よ

クリスマスローズという花をご存知ですか。
冬に咲く、名前ほど派手ではなく、
いつもうつむき加減に咲く、控えめな花です。
色も赤とか、黄色、紫などのはっきりした色ではなく、
なんともいえない薄い薄い色合いで、
わたしはとても気に入っています。

この句も読まれています。

緑 陰 の 地 蔵 前 垂 れ 着 替 え た り... PhoTones Works #1970 / TAKUMA KIMURA どこが目か鼻か、ペッチャンコの顔をして、道路脇の田圃の隅に、いつからいるのか、道祖神というより、お地蔵さん。 ちゃんと世話をしている人がいるんだ。 しょぼいけど、花はあるし、エプロン着替えてるし。 立派だ。...
蹲 ( つくばい ) に 青 葉 若 葉 の 映 り 込 み... Washbasin / mrhayata つくばいとは、手水鉢のこと。 和風の庭の、むかしはそれこそ茶室に入る客人が、手を洗ったとされる。 お茶のことはわからないので、すべて聞いた話である。 苔むしたつくばいに、水は満杯に注ぎ込まれ、山の緑はいっぱいに、入るだけ映っている。 水の冷たさが、その映り...
天 守 閣 あ り や な し や の 花 辛 夷 ( こぶし )... 外様大名福岡黒田藩。 専門家は、この立地では、台風などの危険が大きく、天守閣があったとは思えないとの見解らしい。 あったという有識者もいるらしく、どっちにしても、ここがはっきりしないことには、再建はないとのこと。 城跡は清々しい風が吹いています。 なかったかもしれない天守閣をわざわざ造ることもないと...
冬 ざ れ や 鎌 倉 抜 け し 歴 史 本 國史大系 / Mixtribe Photo オヤジが死んだとき、歴史の本を読みたがっていたと、アホな母親は、棺に、約30巻の歴史のシリーズ本の中から、鎌倉時代を持ち出して入れた。葬儀屋の人は迷惑していた。ぶ厚い本は焼くのが大変だと、ページを少しずつまあるくして、風というか火が通りやすいように工夫して...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください