うつむいて クリスマスローズの 憂き顔よ

クリスマスローズという花をご存知ですか。
冬に咲く、名前ほど派手ではなく、
いつもうつむき加減に咲く、控えめな花です。
色も赤とか、黄色、紫などのはっきりした色ではなく、
なんともいえない薄い薄い色合いで、
わたしはとても気に入っています。

この句も読まれています。

蔦の実の 生るを見つけて 秋最中 蔦に実がなる。黒い小さな実。 秋の本番、枯れる前の少しのあいだ。 色とりどりの葉の中に。 iPhoneからの投稿
里 山 を 胸 に 蔵 ひ て 卒 業 す さとやまを 胸にしまいて そつぎょうす とくに海があるわけじゃなし、高い山も有名な寺社もない、ごく普通の田舎町の高校です。 多くの生徒が都会に出ることを目論んだことでしょう。 難しい大学に入った子には、町から一発の奨学金が出ることも、奮起させたひとつかもしれません。 鹿児島県伊佐市。 冬は...
地には我 空に雁行く 束でも一羽 いまわたしはひとり、ここにいる。 空には雁が、群れをなして渡っていく。 それはただ集まって飛んでいくだけ。 一羽一羽の集まり、一羽が脱落したからって、仲間が助けるわけでもなかろう。 人間といっしょ、所詮ひとり、所詮一羽...
あ あ こ れ も 桜 か 宵 の 散 歩 道 いつもの道。 楓や椿、そして桜も。 芽吹きの時も気付かずに、蕾がついて、「あゝ桜」 群れにならない桜に、改めて気づく。 ここにも桜があった。 春の、ゆっくり暮れる宵の散歩道。 桜は一本でも桜。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください