いつの間に 降り出した雨 激しくて

雨が好きである。夜中目覚めたときに雨の音を聞くと、なんとも知れず幸せになれるものです。落ち着くのです。

この句も読まれています。

風 誘 ふ あ や め の 蕾 弛 び あ り かぜさそう あやめのつぼみ ゆるびあり 五月の風を受け、硬く硬く巻かれたアヤメのつぼみが、少しずつながらゆるんできました。 あやめはつぼみもきりっと美しく、咲いた姿も凛として、見飽きることのない美しい花です。 あの濃い濃いムラサキが、ショウブやアイリスには見られない風格をかもし出します。 た...
碧 色 の 切 子 の 皿 に 黒 葡 萄 以前旅行したとき、紺碧の空の色のガラス切子の不自然な丸い形の皿を買った。 色が鮮やかすぎて、皿のほうが目立ってしまい、なんとなく料理に合わず、 使えずにいたのだけれど、巨峰の黒い房を載せてみたら、意外としっくり見える。 紺碧の空、紺碧の海の底を、ちょっとだけ覗いたような。...
は ら り と す 遠 き 日 付 の 秋 栞 猫のしおり / snogglethorpe 古い本を読み返してみた。 はらりと落ちた栞は、む かしたしかあの人に貰っ た。日付と短いメモ、た ぶん面倒だから、そこに あった栞をメモ替わりに したんだと思うけれど、 まあ過ぎてしまえば、た だただなつかしく想い出 されることばかり。いま この瞬間も、い...
山 眠 る 今 年 鬼 籍 の 人 も 容 れ 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 長く紅葉にあふれていた山も、もうすっかり葉を落とし、常緑樹さえも微妙に色を変え、冬の態勢に入った感である。 見るからに静かにそして大きくなった山は、眠りについた。 今年亡くなったあまたの人びとの想いを包み込み、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください