あ あ こ れ も 桜 か 宵 の 散 歩 道

いつもの道。
楓や椿、そして桜も。
芽吹きの時も気付かずに、蕾がついて、「あゝ桜」
群れにならない桜に、改めて気づく。
ここにも桜があった。
春の、ゆっくり暮れる宵の散歩道。
桜は一本でも桜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください