S L の 蒸 気 麦 の 芽 触 り 行 く

SLの じょうきむぎのめ さわりゆく

麦はようやく芽が出て少し育ったくらいです。
稲刈りの終わった田圃に少々心もとないようすで、頑張っています。
あちこちで懐かしのSLが運行されています。
わたしは、子どもの頃、蒸気機関車に確かに乗った記憶があります。
確か鳥栖駅で、窓を開けていたために、前の席のサラリーマンの白いシャツがススで黒くなって慌てていたのを覚えています。
あの黒煙が青い空を汚すのは、いかがなものかとは思うけれど、あの力強さ、そして哀愁の汽笛には、やはりまいります。

この句も読まれています。

秋寒し 彼岸の花も 遠く無く 田んぼの畦道に咲いていた彼岸花も散ってしまい、ドライフラワーのような形見を残すのみ。いつの間にかセーターを出していた。日に日に夜が早くなる。...
待 機 機 の 見 え 隠 れ す る 春 霞 たいききの みえかくれする はるがすみ 滑走路が一本しかないためか、昔と比べて離着陸が極端に増えたせいか、よくあれで上手くやれるなと感心するほどの滑走路の混雑ぶりです。 空の上では、順番を待って旋回するものもあり、かすみのかかった春の曇り空の中、何処へ行ったのかと見失えば、とんでもなく遠方から、急...
秋ですと 水引き草の ご案内 水引き草は、上品な花です。 石垣の隙間などから、遠慮がちに顔を出します。 まるで秋のアナウンスのようです。...
夏 怒 涛 秀 吉 の 夢 名 護 屋 城 なつどとう ひでよしのゆめ なごやじょう 1592年から6年にわたって、秀吉は朝鮮出兵を行ったとのこと。 理由はいろいろ、さまざま語り伝えられているようです。 戦さが無くなって武士の働き口がなくなったからだとか、秀吉が年老いてから授かった子が亡くなったからだとか。 また、スペインが侵攻してい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください