S L の 蒸 気 麦 の 芽 触 り 行 く

SLの じょうきむぎのめ さわりゆく

麦はようやく芽が出て少し育ったくらいです。
稲刈りの終わった田圃に少々心もとないようすで、頑張っています。
あちこちで懐かしのSLが運行されています。
わたしは、子どもの頃、蒸気機関車に確かに乗った記憶があります。
確か鳥栖駅で、窓を開けていたために、前の席のサラリーマンの白いシャツがススで黒くなって慌てていたのを覚えています。
あの黒煙が青い空を汚すのは、いかがなものかとは思うけれど、あの力強さ、そして哀愁の汽笛には、やはりまいります。

この句も読まれています。

草 取 り は ト ラ ン ジ ス タ と 蚊 遣 香... くさとりは とらんじすたと かやりこう 草を取るのは、思ったより時間がかかります。 秋とはいえ、まだまだシツコイ蚊が健在です。 ここぞとばかり襲って来ます。 携帯用の蚊取り線香が重宝です。 バアちゃん家で見つけた、小さな電池式のむかしのラジオがまだ使えるので、聴きながら、腰の痛いのを少しム...
月見月 萩の赤花 滝のよに お月見の頃、赤い萩の花は満開を迎えます。 それはそれは大きな滝のようにふりそそぐ花や、落ちてくる木や葉を下から見ると、 感動します。 花のないあいだは、あまり目をひかない緑なのに、これほど赤い小さな花がまるで落ちてくる感じ なのです。 やっぱり秋はいいです。...
ま た ひ と つ 繰 り 言 の 出 来 柿 紅 葉... またひとつ くりごとのでき かきもみじ 人間関係ほど不確かなものはないと、誰かが言いました。 来るもの拒まず、去るもの追わずで生きてきました。 たぶん、些細な、しかしながら本当のことを言われたから、わたしが勝手に落ち込んだのだと思います。 しょうがない。 ホントのことですもの。 立ち直るしかない。...
春出水(でみず) 甘くみるなと 音を立て... もう春だと心も浮かれた頃、雪解けの 山から大水。川辺の石垣を飲み込み、 中洲の樹々をなぎ倒し、橋脚には折れ た枝や何ともしれないゴミの山。どう だ見ておれの心意気か。ひと暴れすれ ば春。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.