S L の 蒸 気 麦 の 芽 触 り 行 く

SLの じょうきむぎのめ さわりゆく

麦はようやく芽が出て少し育ったくらいです。
稲刈りの終わった田圃に少々心もとないようすで、頑張っています。
あちこちで懐かしのSLが運行されています。
わたしは、子どもの頃、蒸気機関車に確かに乗った記憶があります。
確か鳥栖駅で、窓を開けていたために、前の席のサラリーマンの白いシャツがススで黒くなって慌てていたのを覚えています。
あの黒煙が青い空を汚すのは、いかがなものかとは思うけれど、あの力強さ、そして哀愁の汽笛には、やはりまいります。

この句も読まれています。

秋寒し 彼岸の花も 遠く無く 田んぼの畦道に咲いていた彼岸花も散ってしまい、ドライフラワーのような形見を残すのみ。いつの間にかセーターを出していた。日に日に夜が早くなる。...
参 道 に え り ま き と か げ 遠 い 秋... さんどうに えりまきとかげ とおいあき 何のコマーシャルだったか、すっかり忘れたけれど、日本中を席巻したエリマキトカゲ。 別府の海地獄では、まるで鯉のぼりのように泳がせられていたし、天満宮の参道では、子どもが自分より大きいビニールのエリマキトカゲを得意そうに持ち歩いていたし。 ダッコちゃんくら...
亡 き 人 の 想 ひ 出 ば か り 目 張 り 剥 ぐ... なきひとは おもいでばかり めばりはぐ 若くして亡くなると、本人の無念は家族にとって大きな痛みとなり、癒えない傷を残すものです。 後になって、いろいろな後悔にさいなまれることも多いです。 いい思い出をたくさん遺してくれたことに感謝し、いつもの生活を取り戻してほしいと思うのです。...
装 甲 車 霾 ま み れ 泥 ま み れ そうこうしゃ つちふるまみれ どろまみれ 駐屯地があるせいで、自衛隊のクルマをよく見かけます。 ときには装甲車と呼ばれると思われる、フタのしまった深みどり色のクルマが県道を走ることもあります。 ツチフルとは黄砂のことです。 俳句の言葉です。 近年では、いろんな化学物質も混ざっているとかで、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください