NHK福岡放送 平日午後7時前の天気予報

NHK Broadcasting Center
NHK Broadcasting Center / keyaki

NHK福岡放送では、平日の午後7時前に、九州地方の天気予報を放送します。
吉○さんと呼ばれる気象予報士が天気予報を行います。それだけならいいのですが、この人このコーナーで、自分が撮った写真を公開します。最近は隣にいるアナウンサーまでが、自分の撮った写真を公開します。一般から公募したわけでもなく、公共の電波でこんなことができることが信じられないのです。天気予報は、以前のように、天気予報だけにしてもらいたいものです。アナウンサーと掛け合いでおしゃべりなど必要ないと思うのです。そんな時間があるのなら、「振り返り」の時間を設けてほしい。とんでもなく的外れな予報もときにはあって、まあ翌日は、なにごともなかったように、しゃあしゃあとお話になることも信じられない。なんで、ここまで外したのか、一言コメントなり、いただきたいものです。

この句も読まれています。

なぜかもう 隠し隠して 木の葉髪 なんでかわからないけど、最近抜け毛が多い気がする。昔から細くて、やわらかくて、あんまり多くないのに。輪ゴムでまとめても、いつのまにかするっと抜けてるし、ゴムが。あたいはこんなことでは終わらないぞ。...
ふ ら こ こ の 鉄 の 鎖 の 錆 匂 ひ ふらここの てつのくさりの さびにおい ふらここは、ブランコのことです。 俳句を習うようになって知りました。 むかしのブランコは、座る処は木で出来ていて、鎖は鉄製。 握れば褐色のサビが手に付き、サビの匂いまで移ったものです。 高く漕ぎすぎると、鎖がたわみ、それが怖くて、思いっきり漕げませんでした...
話したき 人ふたりあり 炎暑の盆に ... どうしても自分が納得できない、なぜこうなったか、なぜ親に捨てられたのか。解決できないことを解決しないと、前へ進めない。いつもいつも考えているわけではないけど、聞きたいことが山ほどある。子供を馬鹿にするでない。母親には手紙を出したけど、動けなくなった今では、気の毒なことをしたのかもしれない。なんでいつ...
筑 後 川 挟 み て 御 霊 ( みたま ) へ 大 花 火... わたしが思うに、大昔からあったと言われる大花火・花火大会は、亡くなった人びとが、安らかに極楽浄土に行けるようにとの思いから始まったのではなかろうか。 この世になんの想いも残すことなく亡くなる人は少なかろう。 片付かない心配事を、山のように抱えて、あの世に行くしかなかった大勢の人が、この世の辛いことか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です