期間限定で電子書籍の無料セールを行っています。

へそまげ福子の書籍冥利

4/29-5/2までの期間限定でAmazonで通常250円で販売している電子書籍が無料でダウンロードできます。
この機会にぜひダウンロードしてみてください。

へそまげ福子の書籍冥利
古賀隆広 (2013-05-01)

この句も読まれています。

地 震 あ り て 裸 電 球 吊 る し 柿 ないありて はだかでんきゅう つるしがき 少し遠くで、たとえば熊本あたりで大地震があると、そう小さくもない揺れが襲ってきます。 棚のものが落ちるほどではないけれど、裸電球はブランコのように揺れ、とりあえずおさまってくれるのを待つのですが、なんとも不安です。 地震のこと、俳句では「ない」と読むそ...
ああいつか ほっとしてみたい 春時雨... 今明け方、雨。わたしは何かしらいつも重い懸案事項を抱えている。ときに重苦しくて、こうして夜中に目が覚める。外は春の雨。なにも考えず、ただ雨の音だけ聞いて眠れる夜が来ればいいのに。...
夕 化 粧 夢 と 未 来 の あ り し 頃 ゆうげしょう ゆめとみらいの ありしころ 夕化粧、おしろい花の別名です。 今でもときどき見かけるけれど、以前はもっともっとそこら中に咲いていました。 子どもらは、あの黒い実をつぶして、爪につけたり顔に塗ったりしたものです。 自分に多少の未来があることを思いもしないくらい幼かった。 あの頃を...
良 き も の が 隠 れ て お リ ぬ 忘 れ 潮... 満ち潮のとき、すっかり覆われた海岸の岩場。 引き潮できれいに水が引いてしまったあとに、水溜りのように岩の囲みの中に残っている。 春の日を受けて少し温い。 小さな魚や貝が隠れていそう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください