2016年あけましておめでとうございます。

夜明け

本年も季節を感じて、心を詠んでまいります。
何卒、よろしくお願いいたします。

この句も読まれています。

片恋や 銀杏落葉の 褪めぬうち 想いをうちあけるときは、一日延ばしにしてはいけない。自分で自分の背中を押して、思い切らなければいけない。 銀杏落葉のあざやかな今、冷たい霙の降らぬうち、木枯らしが吹き抜けぬうち。...
秋 祭 り 道 真 公 の 御 座 す 処 あきまつり みちざねこうの おわすとこ 平安の昔、権力闘争に敗れたというより、政敵に謀られ、太宰府に左遷させられた菅原道真が、晩年の2年あまりを過ごしたと言われる榎社では、毎年9月、天満宮から榎社まで御神輿が御神幸されます。 道真公はこの地で、長男を亡くし、餓死しない程度の生活費が支給されるのみで...
日の盛り 我慢の限度 切れる音する... むしむしと暑いときには、つまらないことも頭にきたりします…反省
試写に行く 金曜の夜 息白く 試写会が当たりました。 「だれも助けてくれない」 佐藤浩市が刑事役。 殺人を犯した未成年の男の妹が主人公 いい映画でした。 金曜の夜、一枚のはがきで、二人行けるのに、 一人で行った。 地下鉄の駅降りて、会場へ向かう途中は、大きな ホテルの地下で、立派過ぎる通路。 寒いときは、余計寒い。 会場は、ほぼ...