黄 落 の 空 瓦 一 枚 の 碧

おうらくの そらかわらいちまいのあお

銀杏の大樹が並木を作っています。
黄色に変わった葉が一面に散り、まだまだ降りそそぎます。
並木といっても、相当大きく育っており、一木一木が立派な大樹です。
絨毯のように落ちた葉、まだまだ黄色い葉を茂らせている樹々。
秋の、高い青い空はほんの少し見えるだけ。
今が一番。
私の誕生日の十六日の頃が、秋の盛り。
寒くなっても、小春日和でも、わたしは11月が、一年で一番好きです。

この句も読まれています。

地には我 空に雁行く 束でも一羽 いまわたしはひとり、ここにいる。 空には雁が、群れをなして渡っていく。 それはただ集まって飛んでいくだけ。 一羽一羽の集まり、一羽が脱落したからって、仲間が助けるわけでもなかろう。 人間といっしょ、所詮ひとり、所詮一羽...
幼 な の 面 目 の 位 置 合 は ず 夜 店 か な... おさなのめん めのいちあわず よみせかな 鉄腕アトムやウランちゃん、今ならドラえもんやアンパンマンか。 プラスチックのお面屋さんの前は、どれにしようか決めかねている子どもたちで繁盛しているよう。 上手く被っても、目の位置がお面の方が離れているみたいで、よく見えないのです。 わたしの頃は、片目だけ合...
実 南 天 厠 横 よ り 玄 関 へ みなんてん かわやよこより げんかんへ むかしから南天はトイレの近くに植えたものです。 一説によると、ボットン便所に落ちないためだとか、いろいろ理由はあるようですが、邪鬼を祓うという大命を仰せつかってのことらしいです。 今の若い人は、そんなことは知らず、最近お邪魔したお宅には、丸い大きめの植木...
刑 務 所 の 高 き 塀 な り 冬 日 受 け... けいむしょの たかきへいなり ふゆびうけ 宇美刑務所。 塀に沿って、銀杏並木でも植えたら良さそうだけれど、目的からそうもいかず。 殺伐とした側道に、落ち葉が乾いた音を立てて走ります。 暖かい冬の日差しが惜しげもなく、高い塀に降り注ぎます。 見るからに寂しい風景です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください