黄 落 の 空 瓦 一 枚 の 碧

おうらくの そらかわらいちまいのあお

銀杏の大樹が並木を作っています。
黄色に変わった葉が一面に散り、まだまだ降りそそぎます。
並木といっても、相当大きく育っており、一木一木が立派な大樹です。
絨毯のように落ちた葉、まだまだ黄色い葉を茂らせている樹々。
秋の、高い青い空はほんの少し見えるだけ。
今が一番。
私の誕生日の十六日の頃が、秋の盛り。
寒くなっても、小春日和でも、わたしは11月が、一年で一番好きです。

この句も読まれています。

豆 腐 屋 の お か ら は ど う ぞ 夏 の 風... とうふやの おからはどうぞ なつのかぜ ダム湖のそばの豆腐屋では、「おからはご自由にお持ち帰りください」と 張り紙があり、人気上々です。 豆腐の残りかすとはいえ、栄養価は高いと聞きます。 人参や油揚げや、ひじきなど、冷蔵庫の残り物も入れて、おからに出汁を入れるのではなく、出汁におからを入れて和えま...
陽 炎 の 人 影 ど こ ま で も 白 く かげろうの ひとかげどこ までもしろく 急に真夏日になりました。 暑さを避けてか、道路はいつもより混雑しています。 アスファルトの、遠く遠くにゆらゆらとかげろうでしょうか。 人影らしきものも映るのですが、もやもやとどこまでもはっきりとはせず、近づけば遠くに、近づけば遠くに逃げてゆきます。 ...
苺大福 貼り紙飛ばす 春一番 和菓子屋さんに、「いちご大福あります」の貼り紙あり。 春一番の大風が、吹き飛ばしてしまった。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
諍 ひ も ひ と 夜 に 忘 る 牛 膝 いさかいも ひとよにわする いのこずち むかしは、むかついたら何時までも忘れず、怒りを持続させたものです。 最近は、一晩寝たら、なんで喧嘩になったか、ちょっと考えないと思い出せないことがあります。 別に人間ができたわけじゃないのです。 記憶力が落ちただけのことです。 情けないことです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください