黄 落 の 空 瓦 一 枚 の 碧

おうらくの そらかわらいちまいのあお

銀杏の大樹が並木を作っています。
黄色に変わった葉が一面に散り、まだまだ降りそそぎます。
並木といっても、相当大きく育っており、一木一木が立派な大樹です。
絨毯のように落ちた葉、まだまだ黄色い葉を茂らせている樹々。
秋の、高い青い空はほんの少し見えるだけ。
今が一番。
私の誕生日の十六日の頃が、秋の盛り。
寒くなっても、小春日和でも、わたしは11月が、一年で一番好きです。

この句も読まれています。

冬木立 忘れたはずの 陽を浴びる 遠い昔を思い出す、この落葉の季節には。
花 ミ モ ザ 廃 屋 覆 ひ 空 覆 ひ はなみもざ はいおくおおい そらおおい 幹線道路をふた角ほど中に入り込むと、狭い狭い道沿いに、もうとっくに人が住んでいないと思われる家がそこここにあります。 決して田舎のことではなく、政令都市とされる街中です。 なんでこんなもったいないことになるのか、固定資産税は払わずにすんでいるのかと、余計...
門 司 港 は 起 点 終 点 秋 日 和 もじこうは きてんしゅうてん あきびより 門司港レトロ地区で、目を引くのは、建築名所です。 まず駅舎、旧門司税関、旧大阪商船、旧門司三井倶楽部などでしょうか。 海側の変な跳ね橋や、高層マンションの展望室や、数あるレストラン、土産物屋がなくなればもっと素敵なのに。...
牡 蠣 小 屋 の 火 勢 に 追 は れ 無 口 な る... 牡蠣は小ぶりなのに、七輪の火の起こりようの凄いこと。 ぐつぐつと煮えていたかと思うともう、焦げそうになっている。 そうなると小さく固くなるから、食べるのもスピードアップしなければならない。 遠く糸島半島まで来て、一瞬で食べ終わるなんて、勿体無さすぎる。 それでなくとも今年の牡蠣は小ぶりだとテレビが言...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください