黄 櫨 紅 葉 心 臓 ま で も 赤 く 染 む

はぜもみじ しんぞうまでも あかくそむ

はぜ・・・ロウソクの原料になると聞きます。
はぜの紅葉は、燃えるように真っ赤になって、情熱的です。
其処らのカエデの紅葉とは迫力がちがいます。
なんと言うか、たぎるような赤です。
ただ、マケる人がいます。
皮膚が赤くなって、痒みが出て、熱も持つようです。
用心です。

この句も読まれています。

春 耕 の ま ず は 一 服 す ぐ 一 服 上林春松本店 新緑 / Norio.NAKAYAMA 老夫婦であろうか。準備万端。お茶から、何やらお茶うけ?おやつ?ようやく風も春になり、外で過ごすことが気分よくなった。休憩ばんざい。...
つ っ か け の 音 だ け 拾 う 補 聴 器 や... つっかけの おとだけひろう ほちょうきや 最近はたぶん、改良されて来つつあろうと思いますが、少し前の補聴器は、使っている人によると、スリッパのパタパタいう音や、新聞紙を広げるバシャバシャいう音ばかり大きく聞こえて、話し声などはとても聞き取りにくいとのことでした。 今もそうですが、しっかり合ってな...
空高し 道端地蔵の 小菊かな ふとしたところに道祖神を見つけることがある。いつ、どなたが置いたやら。つらい事があったのか。なぜかみんな赤い腹巻をして、この季節には決まって、赤や白、黄色の小菊が挿してある。今朝取ったのだろうか、みずみずしくて、勢いのある小菊である。...
冬木立 深い孤独に 身を寄せて すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください