黄 櫨 紅 葉 心 臓 ま で も 赤 く 染 む

はぜもみじ しんぞうまでも あかくそむ

はぜ・・・ロウソクの原料になると聞きます。
はぜの紅葉は、燃えるように真っ赤になって、情熱的です。
其処らのカエデの紅葉とは迫力がちがいます。
なんと言うか、たぎるような赤です。
ただ、マケる人がいます。
皮膚が赤くなって、痒みが出て、熱も持つようです。
用心です。

この句も読まれています。

没落の 跡か廃屋 横時雨 人が住まなくなると、家は荒れるものです。 それもあっという間に。 大きな屋敷がぼうぼうに荒れているのを見かけることがあります。 どういういきさつかなんて、知らないけれど、人生のいい時期に建てられたのでしょう。 時を経て、変遷があり、苦労が実を結ばず、大変だっただろうなんて、 余計なことを想像します。...
ようやくに つくつくの鳴く 秋の露... 暑かったこの夏も、ようやく終わりにさしかかり、ツクツクボウシの声を終鈴のように聞く。 秋だ。
早馬で 帰って来いと 盆の茄子 今まで知らなかった、常識の無さ。お盆に茄子やきゅうりに足を付けて、迎えるのは、帰ってくるときは、馬に乗って早く、向こうへ戻るときは、牛に乗ってゆっくりとということだそうです。仏事に疎くて、常識無いなとつくづく思います。迎え火を焚いて、家に帰るときに迷わないようにって、やさしいです、みんな。...
竹 箒(たけぼうき) 立 て か け し ま ま 野 分 来 し... 九州では、久しぶりの大型台風だった。 心構えが充分でなかったため、植木鉢は落ちる、箒は放りっぱなし。 バケツは転がる。 台風のさなかに外に出ると、ろくなことはなかろうと、家の中で身を潜めていた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください