麦 を 蒔 く 日 の あ る う ち に 暮 れ ぬ う ち

むぎをまく 日のあるうちに 暮れぬうち

ついこの頃稲刈りが終わったばかりだというのに。
稲刈りが済んだ田を鋤き起こして、塊になった土くれを砕き、畝を再びたて、麦を蒔くのだそうです。
蒔く麦には、消毒がなされていると聞きます。
早すぎても、遅すぎても其れなりの病気に罹ること多く、時機を見極めることが特に大事だとのことです。
それに深さも気をつけねばなりません。
深すぎると病気に、浅すぎるとカラスや雀に啄ばまれることになります。
休む間のない農作業です。
日暮れの早い秋のひと日。
もう暮れかかった田圃にまだ人影が見えます。
この作業が終われば、発芽するまでのひととき、ようやく田圃に人影は見えません。

この句も読まれています。

毒 ガ ス の 歴 史 は 知 ら ぬ 紅 葉 狩 り... どくがすの れきしはしらぬ もみじがり 大久野島。 瀬戸内海の小島。 戦前よりほぼ全島域が国有地。 明治初期欧州列強の艦船の進行に備えるため要塞が置かれたとか。 日清日露に備えられたものの、そのときは一度も使われていないらしい。 現在も、戦争の遺構として保全されています。 昭和初期から...
関 門 の 春 潮 空 と 光 り 合 ひ かんもんの しゅんちょうそらと ひかりあい 関門海峡の春。 浪は穏やかで、海がこんなに光るかと思うくらいきらきらとまぶしい。 空もまたどこまでも碧く、海のあお、空のあおはいつか混ざりあいます。...
し ゅ ん し ゅ ん と 薬 罐 ふ つ ふ つ と 腹 の 虫... しゅんしゅんと やかんふつふつと はらのむし 人に何か理不尽なことを言われたり、失礼な言い方をされたりすると、むっとする前に、びっくりします。 そして取り敢えず無難にその場をやり過ごします。 怒りや腹立ちは、その後です。 後になって、よくよく考えて見たら、そんなことを言われる謂れはないとか、 あの...
花冷えの 小さな家を 爪先立ち 桜が、ずいぶんと早く咲いた。 この寒さ、床をはだしで歩くことできず、 靴下を取りに行くのは、面倒。 したがって、バレリーナのように、爪先立ちで、踊るように歩く。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください