麦 を 蒔 く 日 の あ る う ち に 暮 れ ぬ う ち

むぎをまく 日のあるうちに 暮れぬうち

ついこの頃稲刈りが終わったばかりだというのに。
稲刈りが済んだ田を鋤き起こして、塊になった土くれを砕き、畝を再びたて、麦を蒔くのだそうです。
蒔く麦には、消毒がなされていると聞きます。
早すぎても、遅すぎても其れなりの病気に罹ること多く、時機を見極めることが特に大事だとのことです。
それに深さも気をつけねばなりません。
深すぎると病気に、浅すぎるとカラスや雀に啄ばまれることになります。
休む間のない農作業です。
日暮れの早い秋のひと日。
もう暮れかかった田圃にまだ人影が見えます。
この作業が終われば、発芽するまでのひととき、ようやく田圃に人影は見えません。

この句も読まれています。

虹 架 か る 信 号 の な き 島 青 し にじかかる しんごうのなきしま あおし 佐世保から船で15分くらい行ったところに、「信号のない島」があります。 厳密に言うと、ひとつだけはあるそうですが、いちおう世間では「無い」でとおっているらしいです。 雨上がりの虹がかかって、海も空も青く青くそれはそれは穏やかです。...
誰読まぬ 百科事典に 春嵐 むかし、家に百科事典を、それも居間や玄関などの人目に付くところに、飾ることが 流行った時代がある。 子どもはあまり読まずに巣立ち、孫は見向きもしない。 それにもう、時代にそぐわないものになっているけど、 相変わらず同じところに鎮座ましましている家は、ある。 何十年の月日をこえ、巡る季節を過ぎ、何十回...
長 縄 跳 び 責 任 感 に 秋 見 え ず ながなわとび せきにんかんに あきみえず 子どもの頃から、とにかく苦手なのです。 長縄跳び。 誰が失敗したか、すぐわかるからです。 失敗するわけにはいかないのです。 始めの方ならまあなんとか、でも回数が増えるに従って失敗できない重圧がかかってきます。 リズム感がイマイチなので、楽しむなんてことはあ...
天 の 川 浪 の 果 て よ り 立 ち の ぼ る... あまのがわ なみのはてより たちのぼる 夏の終わり、秋のはじめの頃の空。 星のきらめきと流れ星、流星群と言ってもいいかもしれません。 ずーっと沖の、夏を終えた海というより、深い海の底から立ち上がったように、その輝きはみずみずしく思えます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください