麦 を 蒔 く 日 の あ る う ち に 暮 れ ぬ う ち

むぎをまく 日のあるうちに 暮れぬうち

ついこの頃稲刈りが終わったばかりだというのに。
稲刈りが済んだ田を鋤き起こして、塊になった土くれを砕き、畝を再びたて、麦を蒔くのだそうです。
蒔く麦には、消毒がなされていると聞きます。
早すぎても、遅すぎても其れなりの病気に罹ること多く、時機を見極めることが特に大事だとのことです。
それに深さも気をつけねばなりません。
深すぎると病気に、浅すぎるとカラスや雀に啄ばまれることになります。
休む間のない農作業です。
日暮れの早い秋のひと日。
もう暮れかかった田圃にまだ人影が見えます。
この作業が終われば、発芽するまでのひととき、ようやく田圃に人影は見えません。

この句も読まれています。

うつうつと 今日も働く 雪吹いて 働かなければなりません。 雪のふる寒い朝、ああこんな日にも働くから、これが給料分か と思います。
和を説いて 己はじかれ 露寒し 人に優しくをモットーに生きてきたつもり。いじめられている後輩を助けたりもしたつもり。 何がどうまちがったのだろう。いまじゃ自分がいじめのターゲット。地軸がぐらぐら揺れたかと思うと、なぜかいやせの 渦の中。人には辛抱しろなんて、言ったこともあったかな。あたしはだめだ。根性がない。辞めることにする。とい...
立 葵 身 の 丈 を 知 る 雨 に 立 つ たちあおい みのたけをしる あめにたつ 西アジア原産の多年草です。 花期は6月から8月で、下から上に咲き登っていきます。 むかしは薬用として用いられ、いまでもマシュマロ作りには欠かせないとか。 ちょうど梅雨入りのころ咲き始め、梅雨明けのころ咲き終わるため、咲き具合を見て、あとどのくらいで明け...
足 元 は 春 火 鉢 な り 乾 物 屋 この寒さの中、開けっ放しの店で、元気な呼び声。 ときには雪がちらつく日が続いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください