鷽 の 鳴 か ん と す れ ば 頰 膨 ら む

うそどりの なかんとすれば ほおふくらむ

もともとオスはほおがピンク色なのだけれど、鳴くときはそれがさらに色を増し、上半身が大きく膨らむように見えます。

太くて短いクチバシもなかなかチャーミングです。

スズメよりやや大きく、ずんぐりした体型も愛嬌があります。

ほおが赤いのはオスだけです。

ウソは嘘に通じることから、前年の凶事をウソにして今年は吉に変えるという太宰府天満宮の「鷽替え」の神事も知られています。

鳴き声は、ヒーホーと口笛のようで、その細く悲しげな鳴き声は、古くから愛され、江戸の昔には「弾琴鳥」と呼ばれることもあったとか。

ウグイスと並んで、春の鳥です。

この句も読まれています。

酒 粕 に 瓜 漬 くる 桶 天 日 干 し さけかすに うりつくるおけ てんぴぼし 酒粕にウリを漬け込む、つまりは奈良漬けです。 あの甘辛い赤黒い漬物ではありません。 筑後産の、酒粕の匂いが強い、まだみどり色の浅漬けが好きです。 時間が経つと味が濃くなりますから、早めに取り出していただきます。 酒蔵製です。 浅くて丸い木の桶です。...
侮 り て (あなどりて) 蝸 牛 (かたつむり) 歩 み 見 逃 せ り... そこにいたはず。のたりのたりと何がしたいのか、何処へ行くつもりなのか。見てやろうと思いつつ、ちょっと他に目を移したばかりに、見失ってしまった。遅い遅いと言われながら、きっちりと仕事をする人がいる。わたしは捌くのは上手だが、速いだけでものごとを俯瞰する力が大きく不足している。何か言われればおろおろす...
野牡丹の 花の紫 姿やさしき 野牡丹は気取らず、そこにあって、気分よし 嫌いなひとは、いないだろうな。
長 縄 跳 び 責 任 感 に 秋 見 え ず ながなわとび せきにんかんに あきみえず 子どもの頃から、とにかく苦手なのです。 長縄跳び。 誰が失敗したか、すぐわかるからです。 失敗するわけにはいかないのです。 始めの方ならまあなんとか、でも回数が増えるに従って失敗できない重圧がかかってきます。 リズム感がイマイチなので、楽しむなんてことはあ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください