鷽 の 鳴 か ん と す れ ば 頰 膨 ら む

うそどりの なかんとすれば ほおふくらむ

もともとオスはほおがピンク色なのだけれど、鳴くときはそれがさらに色を増し、上半身が大きく膨らむように見えます。

太くて短いクチバシもなかなかチャーミングです。

スズメよりやや大きく、ずんぐりした体型も愛嬌があります。

ほおが赤いのはオスだけです。

ウソは嘘に通じることから、前年の凶事をウソにして今年は吉に変えるという太宰府天満宮の「鷽替え」の神事も知られています。

鳴き声は、ヒーホーと口笛のようで、その細く悲しげな鳴き声は、古くから愛され、江戸の昔には「弾琴鳥」と呼ばれることもあったとか。

ウグイスと並んで、春の鳥です。

この句も読まれています。

青蜜柑(あおみかん) 逢えて嬉しと 言われけり... 年寄りはなんでも言う。どうでもいいから、はっきりと、高らかに言う。 それでもいい。認めてもらうのは嬉しいこと。 わたしも誰かに言おう。「会えてうれしい」...
何事も なかった街が 流れ行く 誰が苦しもうと、死のうと街は流れる。いつものように。わたしの苦しさも悔しさもどうでもいいこと。みんな知らないこと。知ったところで、どうでもいいこと。...
ただ孤独 冬の空あり 波の立つ 冬の空、暗く低く,ときには冷たい風が吹きすさぶ。灰色の海には波がたつ。荒い波が繰り返し繰り返し押し寄せる。 ひとりだなあと思う。こんなところ来るんじゃなかったと思う。...
十二月 福子ひとり行く 溺れ溺れ 今年もあと半月。また一年が過ぎる。 迷うことはあまりなかった。 こうするしかない道をただただがむしゃらに 来ただけだったような一年。 来年も似たようなものだろうか。 小さな小さな息抜きを見つけながら、 行くしかない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください