鷽 の 鳴 か ん と す れ ば 頰 膨 ら む

うそどりの なかんとすれば ほおふくらむ

もともとオスはほおがピンク色なのだけれど、鳴くときはそれがさらに色を増し、上半身が大きく膨らむように見えます。

太くて短いクチバシもなかなかチャーミングです。

スズメよりやや大きく、ずんぐりした体型も愛嬌があります。

ほおが赤いのはオスだけです。

ウソは嘘に通じることから、前年の凶事をウソにして今年は吉に変えるという太宰府天満宮の「鷽替え」の神事も知られています。

鳴き声は、ヒーホーと口笛のようで、その細く悲しげな鳴き声は、古くから愛され、江戸の昔には「弾琴鳥」と呼ばれることもあったとか。

ウグイスと並んで、春の鳥です。

この句も読まれています。

刑 務 所 の 高 き 塀 な り 冬 日 受 け... けいむしょの たかきへいなり ふゆびうけ 宇美刑務所。 塀に沿って、銀杏並木でも植えたら良さそうだけれど、目的からそうもいかず。 殺伐とした側道に、落ち葉が乾いた音を立てて走ります。 暖かい冬の日差しが惜しげもなく、高い塀に降り注ぎます。 見るからに寂しい風景です。...
筑 後 川 瓜 の 酒 粕 漬 け 本 番 ちくごがわ うりのさけかすづけ ほんばん 清酒の里。 久留米市城島町。 毎年、若い瓜を収穫し、酒粕に漬け込んでなら漬けが作られます。 一般によく見られる、濃くて赤っぽい茶色の少し甘い奈良漬けとは、ぜんぜん違います。 酒粕の匂いが強く、好みによって、早く上げれば浅い味、古くなればそれなりに濃い味に...
壊 れ 簗 こ の ま ま で 置 け 今 暫 し... こわれやな このままでおけ いましばし まちがって魚が上がってくるように仕掛けたもの。 ここを通ればまちがいなく掴まる。 大水で、あちこち補修の必要な箇所が生じ、ヤナの修繕どころではなかろう。 しばらくこのままサカナを通してやってほしい。...
立 葵 身 の 丈 を 知 る 雨 に 立 つ たちあおい みのたけをしる あめにたつ 西アジア原産の多年草です。 花期は6月から8月で、下から上に咲き登っていきます。 むかしは薬用として用いられ、いまでもマシュマロ作りには欠かせないとか。 ちょうど梅雨入りのころ咲き始め、梅雨明けのころ咲き終わるため、咲き具合を見て、あとどのくらいで明け...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください