鵜 の 釣 果 ( ちょうか ) 客 に 出 さず と 胸 詰 ま る

鵜飼の鵜ほど、気の毒なものは少ない。
頑張って、修練しても、やはり一度鵜の喉に入った魚は痛むという。
だから客には、別に調達した傷のない魚を提供すると、テレビで言っていた。
遊びのためだけに、鵜を縛るな。
お前ら、きっと天罰が下る。

この句も読まれています。

卒業を 心に秘めて 雪合戦 必要以上に明るいかもしれない。 必要以上にでかい声かもしれな い。この仲間と、この校庭と、 もうすぐ別れることをみんな知っ てる。何も言わない。お前なんか あんたなんか、なんにも気にして ない。言い残すこともない。天気 予報は、晴れなのに、なんかあら れが降ってきた。へんなの。...
秋 深 し 孤 独 は 常 に 街 中 に あきふかし こどくはつねに まちなかに ひとりで居れば、孤独は当たり前のこと。 雑踏も同じこと。 人がいて、自分に居場所がないときに、人は孤独を感じるのかもしれない。...
石階段 窪み(くぼみ)に花と 花の雨 神社に登る石造りの階段。 そのくぼみに早くも散った 桜の花びら、降り続く雨。 もうこれで、終わるかな。
砂 吐 か す 浅 利 に 難 し き 顔 す すなはかす あさりにむずかしき かおす たかがアサリの砂抜き。 これを立派に成功させたこと、人生にほんの数回。 テレビやネットや本も見て、塩分濃度や暗いところに置くやらいろいろ試してはいるのですが、なんで誰でもできる簡単なことができないのか。 ただ、今は売るときにはきれいにしてあって、昔のよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください