鵜 の 釣 果 ( ちょうか ) 客 に 出 さず と 胸 詰 ま る

鵜飼の鵜ほど、気の毒なものは少ない。
頑張って、修練しても、やはり一度鵜の喉に入った魚は痛むという。
だから客には、別に調達した傷のない魚を提供すると、テレビで言っていた。
遊びのためだけに、鵜を縛るな。
お前ら、きっと天罰が下る。

この句も読まれています。

寒 昴 あ さ っ て の 道 指 し 示 せ スバルは牡牛座に属する冬の星。 碧くて、輝きが強い。 今日の勢いで、あしたのことはなんとかなりそうな気がする。 でもその先の自信がない。 今までだって、良かれと思ってやってきたことは、ことごとくまちがっていたし。 思えば先祖代々間違いの多い家系である。 もしかしたら、人はあさっての導きがほしくて、い...
参 道 に え り ま き と か げ 遠 い 秋... さんどうに えりまきとかげ とおいあき 何のコマーシャルだったか、すっかり忘れたけれど、日本中を席巻したエリマキトカゲ。 別府の海地獄では、まるで鯉のぼりのように泳がせられていたし、天満宮の参道では、子どもが自分より大きいビニールのエリマキトカゲを得意そうに持ち歩いていたし。 ダッコちゃんくら...
青 嵐 や 階 段 箪 笥 の 二 階 より せいらんや かいだんだんすの にかいより 古い民家を改築し、古いは古いままに残し、レストランというか、料理屋に変わった店は、最近あちこちに見られます。 二階もあるようで、階段タンスが昔のままに置かれています。 昔の人はなんと丈夫に家具を造ったものだと感心します。 その二階から、樹々の色の、若葉の...
若 き 日 の 至 り と 言 ふ て 花 樗 わかきひの 至りというて はなおうち 先日、父の三十三回忌の法事がありました。 いつもは、お呼びもかからないわたしが、これで最後ということで、声をかけて頂きました。 職場不倫の末、母親は出て行き、新しい24歳のキレイなお姉さんが「新しいおかあさん」になりました。 わたしが5歳、妹が3歳の頃です。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください