鵜 の 釣 果 ( ちょうか ) 客 に 出 さず と 胸 詰 ま る

鵜飼の鵜ほど、気の毒なものは少ない。
頑張って、修練しても、やはり一度鵜の喉に入った魚は痛むという。
だから客には、別に調達した傷のない魚を提供すると、テレビで言っていた。
遊びのためだけに、鵜を縛るな。
お前ら、きっと天罰が下る。

この句も読まれています。

蛍草 これでもかと 膨れおり ツリガネソウ(蛍袋)のかたちが好きです。プーっとふくらんで、花片のさきはクルっと、まるで包装用のビリールひもをわざとクリンクリンにくせをつけたみたいに、カールしているのです。 わたしも写真を載せる技術を学ばねば。...
五月雨の 牡丹の花の 露重く yようやく咲き始めた牡丹、薄桃色の花に五月の雨が重い。茎がたわんで見るからに重そう。 でも多分まだ蕾だから、またよみがえるはず。雨は滋養になるはず。...
真 贋 ( しんがん ) の 怪 し さ 忘 れ 春 の 雪... 茶碗。 本阿弥光悦作の名品だって。 ニセモノだろう。 そうに決まっている。 まったくうちの婆さんほどの見栄っ張りは見たことがない。 わかっていて嘘をつく。 見栄っ張り。 この劣悪な遺伝子は確実に受け継がれている。 しょうもない家なのに、遠い遠いはるか遠くの血すじの人間の自慢話をする。 何処の家にも、...
いっときを 休むを覚え 梅雨の入り... 気分転換が下手。 だけど最近、ようやく身につけた、いっときを休むこと。 ちょっとだけ考えることを止める。 朝早起きして、少しの時間を休む。 引きずらない。 せっかく大好きな梅雨の時期、大切に過ごしたい。 すべての樹々に、植物に恵みの雨が届くから。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です