鵜 の 釣 果 ( ちょうか ) 客 に 出 さず と 胸 詰 ま る

鵜飼の鵜ほど、気の毒なものは少ない。
頑張って、修練しても、やはり一度鵜の喉に入った魚は痛むという。
だから客には、別に調達した傷のない魚を提供すると、テレビで言っていた。
遊びのためだけに、鵜を縛るな。
お前ら、きっと天罰が下る。

この句も読まれています。

他 郷 と も 言 へ ぬ 永 さ や 秋 幾 度... たきょうとも いえぬながさや あきいくど 縁があったのでしょう。 この町に来てもうどのくらいになるやら。 住めば都で、少々の不便にも慣れて、生活に追われる毎日です。...
駅 裏 の ロ マ ン ポ ル ノ や 梅 雨 じ め り... えきうらの ろまんぽるのや つゆじめり 今ではもう、あの妖艶なポスターも目にすることはなくなったけれど、DVD などなかった時代、日活ロマンポルノが一世を風靡した時代が確かにあったと記憶しています。 たいていは駅裏の、いかにも風紀の悪そうな場所にあり、それでも多くのオトコが切符を買ったことでしょう...
けいとうの 赤きとさかに 昔を思う... なんであんな奇妙な植物を、昔の人は大切にしたんだろう。どう見てもきれいじゃない。雄鶏の鬱陶しいとさか、そのまま。いまの鶏頭は、品種改良されたのか、上品な小型種ばかり。小学生の頃、近所の農家の軒先には、立派な鶏頭が勝ち誇ったように赤いとさかをさらしていた。その家に、同級生がいて、たまに遊びに行ったもの...
し ぶ 柿 と 太 マ ジ ッ ク で 書 か れ お り... 最近のスーパーでは、商品にすべてバーコードが付けられており、野菜も例外ではない。そのなかで、ネットに入れられ、太マジックで、「しぶ柿」と書かれた半紙を、セロハンテープでくっつけられて、売りに出されているのを見つけて、思わず笑った。売れるかな。いまの忙しいママたちは、柿の皮を剥くのが精一杯で、渋柿を剥...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください