鳳 仙 花 傷 つ く ほ ど に 紅 う な り

ほうせんか きずつくほどに あかくなり

もともと薄いピンク色。
種が熟して弾けるころには、紅く変貌します。
放っておいても、タネは飛び散るのだけれど、弾けるときの感触と、皮がくるりと反り返るのが面白くて、つぎつぎ触っていったものです。
あのころに比べたら、すっかり見かけなくなってしまいました。
とてもなつかしい花です。

この句も読まれています。

ざわざわと 心が騒ぐ 冬の雷 冬の雷は、夏のあたりに響き渡り、空気が割れるような雷鳴ではなく、地の底から迫ってくるような くぐもった空恐ろしさがあります。 それはまるで良くないことが起こる前兆のような、得体の知れない胸騒ぎのようです。...
竹 若 葉 熊 に 鈴 や ら 死 ん だ ふ り... たけわかば くまにすずやら しんだふり クマの被害が連日報道される今に至ってもなお、山に入るときには鈴を付けろと言う専門家と称する人がいます。 ひと昔前までは、死んだふりをしろと、まことしやかに言い伝えられたものです。 何を信じるかは、自己責任でしょうか。...
目借り時 干した布団で 甲羅(こうら)干し... あんまり動く気がしないことがある。 わたしは、そういうさぼり心は重んじる。 無理に始めたところで、余計散らかるだけ。 今朝はせいぜい布団干しだけ頑張った。 取り込もうと思って、思わず自分も乗っかってしまった。 となりの庭が見える。 お日様の匂いを嗅ぐ。 春爛漫。...
豆 撒 き の 勢 い 邪 鬼 の お ろ お ろ す... まめまきの いきおいじゃきの おろおろす 小学校のとき、講堂で節分の豆撒きがありました。 大豆だったと思います。 わーっと豆を撒き、みんなで拾って食べました。 上靴で踏んだ床に落ちた豆を、児童も先生も何の疑問もなしに。 今、学校では小さなセロハンに包んだ豆を撒いているようです。 衛生的です。 むか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください