鳳 仙 花 傷 つ く ほ ど に 紅 う な り

ほうせんか きずつくほどに あかくなり

もともと薄いピンク色。
種が熟して弾けるころには、紅く変貌します。
放っておいても、タネは飛び散るのだけれど、弾けるときの感触と、皮がくるりと反り返るのが面白くて、つぎつぎ触っていったものです。
あのころに比べたら、すっかり見かけなくなってしまいました。
とてもなつかしい花です。

この句も読まれています。

高 鳴 き や 百 舌 の 命 の 精 一 杯 たかなきや もずのいのちの せいいっぱい 鳴き声は、キーキーキチキチキチと聞こえます。 縄張りを守るため、一羽で闘わないといけないのです。 侵入者に対する威嚇の声です。 ミミズやカエルをエサにするため、人を恐れることなく、一直線に獲物めがけて突っ込んで来ます。 かわいい顔をしています。 ...
階 と い ふ を すり 抜 け 秋 の 風 きざはし、階段のことらしい。 遠いむかしに造られた石の階段。 一歩一歩ゆっくり登って行くのも楽しいことですが、すーっと秋の涼しい風を受けるともっとステキです。 一年のうち、今だけのほんのひとときの楽しみですから。...
秋の月 火の見櫓(ひのみやぐら)の あった頃... 最近まで持ちこたえていたのに、取り壊されているのを見て がっかりした。今で言うと、そうたぶん三階だての高さくらいしかなかったような気がする。 役に立たないのは、みんな承知している。 役に立たなくても、遺す選択もあっていい。 街は何処もかしこも工事中。 日々新しく生まれ変わる感じがする。 ついていけな...
新着の 求人はなし 秋紅葉 ハローワークにもすっかり慣れて、新着だけ見れば充分となりました。ほんの二分? iPhoneからの投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください