鳳 仙 花 傷 つ く ほ ど に 紅 う な り

ほうせんか きずつくほどに あかくなり

もともと薄いピンク色。
種が熟して弾けるころには、紅く変貌します。
放っておいても、タネは飛び散るのだけれど、弾けるときの感触と、皮がくるりと反り返るのが面白くて、つぎつぎ触っていったものです。
あのころに比べたら、すっかり見かけなくなってしまいました。
とてもなつかしい花です。

この句も読まれています。

かなかなの 鳴く暇(いとま)無し 盆の雨... 降ったり止んだりの、盆の雨。 降ったからと言って、涼しくなるものでもなく、 蒸し蒸しするだけ。 それでも雨が降っているあいだは、つくつく法師も鳴かず、 なかなか律儀なものである。...
根 拠 な き 楽 観 誘 う 若 葉 風 こんきょなき らっかんさそう わかばかぜ 深緑の季節。 マイナスイオン溢れる森の中にいると、清々しくて、抱えている懸案ごともなんとかなるさという気になるから不思議。 見上げれば、若葉の隙間からほんの小さな空が見えます。 すっかり夏色の空です。...
なめこ汁 椀を抱えて 湯気を吹く 熱い味噌汁をお椀を両手で抱えて、ふうふうしながらいただきます。 それだけで暖まります。 わたしは顔に湯気があたるのが、なんでも大好きです。 電気で顔にスチームを当てるのを買いましたわ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です