鳳 仙 花 傷 つ く ほ ど に 紅 う な り

ほうせんか きずつくほどに あかくなり

もともと薄いピンク色。
種が熟して弾けるころには、紅く変貌します。
放っておいても、タネは飛び散るのだけれど、弾けるときの感触と、皮がくるりと反り返るのが面白くて、つぎつぎ触っていったものです。
あのころに比べたら、すっかり見かけなくなってしまいました。
とてもなつかしい花です。

この句も読まれています。

立てるまで 寝て待つ覚悟 五月雨 お落ち込んでへこんで、なかなか立ち直れない性格である。いつまでも引きずる。失敗した ことや、恥をかいたことは、わざわざみたいに思い出す。そんなときは寝るしかない。とことん 寝る。人間は食べることより寝ることのほうが何倍も大事。雨が降ってくれればしめたもの。 晴れても寝るが、しとしと雨が降ってくれれば...
ね ん ね こ に 手 放 し の 愛 詰 め 込 ま れ... ねんねこに てばなしのあい つめこまれ むかしは、子どもは負ぶい紐で背中におんぶして、防寒のため綿の入ったねんねこを着ました。 子どもは暖かく、母親は両手が空くので、仕事にさして支障がないところが良いところでした。 背中の子どもの体調や、体温、動きや機嫌の良し悪しがすぐにわかるという利点もありまし...
ひ と と せ は 長 し 心 は 変 わ る 星 月 夜... ひととせは ながしこころは かわるほしずくよ 人の心は思いの外短い時間で変わる。 はっきりこれと言える言葉や態度で変わるだけではなく、時の流れの中で、鬱陶しさにへんげすることもある。 七夕なんて、さすが優雅なおとぎ話。 ひとは年々年をとる。 ふとした拍子に、シミや皺や白髪が目についてということもあ...
長 き 夜 を も し も も し も の 時 を 過 ぐ... PhoTones Works #2118 / PhoTones_TAKUMA 秋の夜は長い。長い夜にはいろいろな ことが、頭を巡る。もしあのときもし こう言えば、こっちの道を行けば、ま たちがう人生があったにちがいない。 選択をまちがえた?たぶんどう転んで も、あたしのすること。同じようなま ちが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください