鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し

とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし

渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。
思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。
出ると決まれば、そうするのでしょう。
習性というものなのでしょうか。
あたしはどうかな。
こうすることしかできないときは、流れに任せるしかない。
年のせいか、このごろは「この難局をなんとかせねば」などとは思わなくなりました。
一呼吸つくことの大切さを、もしかしたら少し会得したのかもしれません。

この句も読まれています。

歯 科 医 院 模 型 の 歯 ぐ き 山 笑 う... 歯医者に行く度に、歯磨きの指導をされます。 「もうわかってます。」と言いたいところですが、完璧どころではなくいい加減だから、指導が必要なのでしょうか。 指導することが、点数になるのでしょうか。 模型を使います。 大きな真っ白の立派な歯と、色のいい充分過ぎるほど肉厚な歯ぐき。 かつかつ噛み合わせると、...
青 か ら ん う る め の う ろ こ 眼 ま で な お... あおからん うるめのうろこ めまでなお うるめイワシ。 体つきは丸く、身体は青みが強い。 「うるめ」と名前にあるのは、脂瞼(しけん)という、透明な膜で、眼が覆われているため、うるんでいるように見えるからだと聞きます。 透明なうろこを通して、青い体が透けて見え、とてもきれいです。 冬の終わりの季語に...
塩鮭の 塩強ければ 色紅く(あかく) 中途半端な塩鮭より、しっかり塩の効いた塩鮭が好きです。 そのまま食べては、いかにも血圧が上がりそうで、炊飯器に 入れて、普通通りに炊く。塩鮭ご飯の出来上がり。 塩が強いと、色が鮮やかな気がするが、どうなんだろう。 同じ塩でも、塩鯨はだめ。あれはただの塩。 身体に悪そう。 滅多に見ないけど。...
む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ... むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい 雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。 球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。 名残りの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください