鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し

とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし

渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。
思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。
出ると決まれば、そうするのでしょう。
習性というものなのでしょうか。
あたしはどうかな。
こうすることしかできないときは、流れに任せるしかない。
年のせいか、このごろは「この難局をなんとかせねば」などとは思わなくなりました。
一呼吸つくことの大切さを、もしかしたら少し会得したのかもしれません。

この句も読まれています。

タイラギの ワタを肴に クリスマス... 世の中の人は、なんであんなでかい甘ったるいケーキ食べるんじゃろ。それも大勢で。 ひとりで取りダメの映画なんか見ながら、メリークリスマス…最高です。...
遠 花 火 炭 坑 の 町 ピ ザ の 街 とおはなび たんこうのまち ぴざのまち 炭坑といえば、九州では筑豊です。 石炭産業が衰退して以後、ずいぶんと低迷していた町は、まずお菓子製造で息を吹き返したようです。 今ではもっといろいろさまざまに発展しているとのことです。 筑豊の添田町に食べ放題のピザ屋ができて、評判だというから、以前の職...
梅雨の間に 昔を見たり 時計草(とけいそう)... 時計草という花は、どこかおとぎ話からきたような雰囲気の、まあるい時計にそっくりな花です。 カチカチと音が聞こえてきそうです。 昔々の幼い日、遊んだ場所や、遊び友達のことなど浮かびます。...
大 池 に 梅 雨 た た く を あ き も せ ず... 車埕_杉木池 / 洗水池 / (Lily) 大きな池や川に雨が降るのを見るのは、やすらぎます。 桜の下にボートなどが浮かんだ湖面より、心を打ちます。 雨に限らず、水の流れる音はいいと思います。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください