鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し

とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし

渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。
思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。
出ると決まれば、そうするのでしょう。
習性というものなのでしょうか。
あたしはどうかな。
こうすることしかできないときは、流れに任せるしかない。
年のせいか、このごろは「この難局をなんとかせねば」などとは思わなくなりました。
一呼吸つくことの大切さを、もしかしたら少し会得したのかもしれません。

この句も読まれています。

彦 山 線 長 き 隧 道 抜 け て 花 ひこさんせん ながきずいどう ぬけてはな 少しむかしまで、筑豊は日本有数の産炭地でした。 釈迦岳トンネル。 全長4km以上。 筑前岩屋駅と彦山駅の間。 すべて石炭を運び出すためだったそうです。 その前の金辺隧道で工事は難関を極め、会社の存続も危ぶまれ、幾多の変節を経て、今に至ったと聞きます。 すっ...
わさび漬け 涙流して 箸の先 今では全国どこでも買うことのできるわさび漬け むかしは静岡でしか買えなかったのです。 ベニア板のような素材の丸い薄い木の入れ物に 入っていて、ふたも同じ素材で、たしか黄緑色の 紐でくくられていたとおもいます。 開けるときっちりとビニールで覆われていて、 またそれを開けると、新鮮な強いわさびの香りが ...
停 留 所 欅 (けやき) 落 ち 葉 に 染 ま る ま で... 街中の紅葉 / s.sawada 大きな欅の木が紅葉し、色づいた葉っぱがはらはらと舞い落ちる。秋真っ盛り。赤に黄色に舞い落ちて、真下にある路線バスの停留所はバス停のマークもベンチも、その隣の郵便ポストも紅葉色。細い道ながら、バスが通る。追い抜きはできない。バスのお客が乗り降りする間は、辛抱強く待たな...
秘 す る な ら つ ま ら ぬ 男 龍 の 玉... ひするなら つまらぬおとこ りゅうのたま 龍のひげと呼ばれる、何処にでもある一年中緑色の、地面に張り付き枯れることもないありふれた、細い10センチくらいの葉の塊のような植物があります。 冬の今ごろには、その深い葉の奥に、青い緑がかった小さな宝石のような玉を付けます。 「龍の玉」と呼ばれます。 葉を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください