鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し

とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし

渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。
思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。
出ると決まれば、そうするのでしょう。
習性というものなのでしょうか。
あたしはどうかな。
こうすることしかできないときは、流れに任せるしかない。
年のせいか、このごろは「この難局をなんとかせねば」などとは思わなくなりました。
一呼吸つくことの大切さを、もしかしたら少し会得したのかもしれません。

この句も読まれています。

清 流 も 濁 り ま た 良 し 春 の 鯉 せいりゅうも にごりまたよし はるのこい 寒い間は、池の鯉も、津和野や島原などの武家屋敷を流れる用水路にいる鯉も、凍えはせぬかと心配などしたものですが、このところの陽気で、気のせいかリラックスしたように、ゆうゆうとのびのびと泳ぎ回っているのを見ることができます。 清流もいいのでしょうが、底が見え...
映 画 館 出 て 夕 焼 の た だ な か に... Shibuya Toei / Dick Thomas Johnson 今は少なくなった、盛り場の映画館。 暗闇から外に出て、大夕焼けに遭遇す。 まるで自分が真ん中にいるようで、見とれることしばし。 夜は違う顔を持つこの街も、路地に沿った細い川も、シャッターを開けたばかりの怪しい店も、街灯も。 みん...
しおまねき 彼岸の浄土の 人を呼ぶ... 春分の日、太陽は真西に沈むらしい。 仏教では極楽浄土は西のほうにあって、太陽と結びつく。 あの世では、父もいるか、母もいるか、少しは心配してくれているか。 あ、もしかしたら、極楽には到着してないかもしれない。...
丹 精 の 稲 倒 れ お り 胸 潰 る (つぶる)... 米は収穫するまで、たいへんな手間と時間と労働力を要すること、農家ではないわたしも、見て聞いて想像できるつもりです。 とくにこの夏の暑さ。 身体を削ぎ落としながらの作業であったろう。 ずいぶんな無理を重ねてのことだったろう。 どこにあるかさえわからぬほどの惨状に、胸のつぶれる思いがする。 気候は激しく...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください