魂 の 澱 も 流 せ と 土 用 波

たましいの おりもながせと どようなみ

赤ワインの底に溜まるわずかな沈殿物、オリ。
長く生きていれば、生活のオリ、心のオリ、人との関係で知らず知らずに溜まるオリ。
きれいさっぱり流してほしい。
白波を蹴立てて、人をも呑み込む勢いの土用の波なら。

この句も読まれています。

短夜に セメント橋の なつかしさ 夏至のころの、長い夕暮れに思わぬところで、セメントの小さい橋を見つけたのです。 レンガのように歴史を語るものでなく、コンクリートのように、強くもなく、小さな川をちょこっと またぐのです。 こんな風景を見つけると、お得した気分です。天気の悪い、ながい夕暮れが似合うのです。...
ど れ こ れ も 選 ぶ に 難 し 柿 落 ち 葉... 柿の落ち葉、折り重なって降るように散る。 どの葉も、それぞれに色づきはちがうのだけれど、紅や黄色、それに少しの緑がうまく混ざって、またよごれも虫食いも無く美しく、2、3枚選んで、本に挟んでみようと思うのだけど、選ぶのが難しい。 凩はもうそこに、手ぐすね引いて待っている。 落ち葉を楽しむのも今のうち。...
野 分 か な 風 の 止 ま れ ば (やまれば) 蝉 鳴 け り... 台風は、何処を過ぎているのか。 雨がおかしな降り方をする。風 はない。狂ったように降ったか と思えば、ピタッと止んで青空 が見える。直ちに蝉が反応する。 降り出せば止む。上がれば鳴き だす。おかしなものだ。わたしは ツクツクボウシの声を心待ちにし ている、毎年。秋の気配を一番に 受けとめたいから。...
うっかりと 微笑みもせず 泣きもせず... むかし、笑顔がいいと言われたことがある。絶品だと。決して美人ではないが、人好きのする顔をしていると言われ、うれしくて、調子に乗って、にこにこへらへら笑ってきたような気がする。笑うかどには福来るとも聞いた。嘘だった。にこにこして、人に気をつかって、頑張っても、いじめれるものは苛められるし、認められない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください