魂 の 澱 も 流 せ と 土 用 波

たましいの おりもながせと どようなみ

赤ワインの底に溜まるわずかな沈殿物、オリ。
長く生きていれば、生活のオリ、心のオリ、人との関係で知らず知らずに溜まるオリ。
きれいさっぱり流してほしい。
白波を蹴立てて、人をも呑み込む勢いの土用の波なら。

この句も読まれています。

梵 鐘 や 秋 の 周 波 に 乗 り て 来 し... ぼんしょうや あきのしゅうはに のりてこし 夜が明けきらぬころ、遥か遠くの方から、鐘の音が聞こえます。 一年を通して、休むことはありません。 最近の朝晩の冷え込みようで、空気が澄んだ気がして、心なしか鐘の音もきれいに聞こえるのは気のせいでしょう。 まっすぐに、近づいたか、はっきりと聞こえるの...
切 支 丹 処 刑 地 い ち め ん う ま ご や し... きりしたん しょけいちいちめん うまごやし 遠藤周作 「沈黙」 映画化され、好評を博したと聞き、観たのですが、難しかった。 激しい拷問のシーンが長くあり、それにも心を痛めた人は多かったと思います。 遠いむかしのこととはいえ、事実なのですから。 長い時間が過ぎ、熱湯をかけた拷問の地、雲仙地獄は、...
今夕は 目に入るぞと 台風番 台風が刻一刻と近づいている。 変な雨が降る。 晴れているのに、激しい雨。かと思ったら、一転にわかに黒雲が、空を覆い、 雷の嵐。安定しない。台風の前触れに違いない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.