魂 の 澱 も 流 せ と 土 用 波

たましいの おりもながせと どようなみ

赤ワインの底に溜まるわずかな沈殿物、オリ。
長く生きていれば、生活のオリ、心のオリ、人との関係で知らず知らずに溜まるオリ。
きれいさっぱり流してほしい。
白波を蹴立てて、人をも呑み込む勢いの土用の波なら。

この句も読まれています。

ず ぶ に 濡 れ 打 ち の め さ れ て 喜 雨 で あ り... ずぶにぬれ 打ちのめされて きうであり これほどカラ梅雨が続くと、空気はカラカラ、農作物にも影響が出はしないかと思ったりします。 土砂降りでもいいから、一度思い切り雨を降らせてほしいものです。...
出 棺 の 今 日 吹 か ず と も 春 一 番... しゅっかんの きょうふかずとも はるいちばん 今の時季、春のはじめのころに吹く台風並みの強い風です。 花粉もホコリも舞うため、厄介で、花粉症には辛いです。 今は、たくさんの大きな病院がいっせいにと言ってもいいタイミングで、改築されましたので、以前とは比較にならないほど、立派になり、そのうえ以前...
紬解く 静かな綿の 埃あり 古い紬の着物をほどく。洋服にしようと思って。昔の人の丁寧な仕事ぶりが見えて、頭が下がる思いがする。 手縫いだから、一針一針長い時間をかけて仕上げたんだろう。 もったいないけど、そのまま置いてても、更にもったいないから、ほどいた着物を、洗っては干し、洗っては干し、そして生乾きのときアイロンかけて、下準...
我ひとり 春の宴を 催せり 長い夜のはじめ、まだ暮れないうち、いちばんいい時間。サントリープレミアムと肴は何にしよ。無くてもいいんだけど。なまこ…カツオのタタキ…ブリのカマの塩焼きに大根おろし…。別に、毎週だけど。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください