風 薫 る 水 城 の 堤 防 長 々 と

かぜかおる みずきのていぼう ながながと

長々ととは、あまりに大げさです。

長々と続いていただろう長堤は、鉄道に二ヶ所切られ、道路に数知れないほど切られ、正直見ていられない悲惨さです。

わずかに旧3号線からの眺めに、長かったであろう面影が残るばかりです。

植田の中に小高く樹々が生い茂り、発掘調査により、その麓には木製の雨水用の、当時としては立派な用水路が作られていたことが判明したとか。

五月の風は爽やかで、街中だというのにちょっとだけほっとできるものです。

この句も読まれています。

花 筏 こ の 虚 し さ も 混 ぜ て お く... はないかだ このむなしさも まぜておく サクラが川や湖のような水面に散ると、まんべんなく散り渡るわけではなく、大きさはさまざまながら、固まりを作り動きます。 ハナイカダと言われます。 なかなか情緒のある美しいもので、サクラは何度も見どころがあるものです。 うつうつとした重苦しい気分も、困りご...
【 3 】 毎 日 新 聞 2016年 ... 「ゴーン三菱 発足 不正体質改善なるか」 三菱自は、ゴーン氏の会長就任と同時に、幹部給与を業績に連動させる日産流の人事制度の導入を発表。 三菱自は90年台後半のリコール隠し発覚後、独ダイムラーに支援を仰いで傘下入りしたものの、更なるリコール隠しが発覚し、ダイムラー撤退。 その後救済に入った三...
茅 を 干 す 日 向 の 里 や 波 光 る かやをほす ひゅうがのさとや なみひかる 宮崎県民謡。 刈干切唄。 茅を干し、屋根をふく、また牛の飼料にする。 長い長い歴史の中で、営まれてきた労働と技術です。 日向の海は明るい蒼で、なにもなければ穏やかです。 山の中腹から、海も水平線もよく見えます。...
お買い上げありがとうございます 先日より、ミンネに出展しておりました、手づくり作品をお買い上げいただきました。 今後とも、研鑽を重ね、良いものを提供できますよう努力して参る所存です。 ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 小さな物でも、慣れないこともあって、時間がかかります。 小さな縫製工場を一人でやっている気分で、結構楽しん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください