風 薫 る 水 城 の 堤 防 長 々 と

かぜかおる みずきのていぼう ながながと

長々ととは、あまりに大げさです。

長々と続いていただろう長堤は、鉄道に二ヶ所切られ、道路に数知れないほど切られ、正直見ていられない悲惨さです。

わずかに旧3号線からの眺めに、長かったであろう面影が残るばかりです。

植田の中に小高く樹々が生い茂り、発掘調査により、その麓には木製の雨水用の、当時としては立派な用水路が作られていたことが判明したとか。

五月の風は爽やかで、街中だというのにちょっとだけほっとできるものです。

この句も読まれています。

豆腐切る 水の冷たさ 秋の朝 いつもはパンだけど、最近の朝の冷え込みで、 味噌汁を作った。手のひらに豆腐を載せて切る。 水の冷たさ。もうすっかり秋。 うれしくてしょうがない。...
わたし今 元気だろうか いわし雲 なんか気が滅入っているのはわかる。原因もわかる。私は拒絶された環境に長く居ると、具合が悪くなり、それはたいてい三日ほど続く。昔は実家がそうだった。継母と妹ふたり、いま思えば、あれはイジメだ。 今回は同窓会。行かなきゃ良かった。少しだけ懐かしさもあって、まちがって顔を出してしまった。弁解になるけど、私...
眉 描 け ば よ か り し 春 に 巡 り 逢 ひ... 偶然、逢いたくない人に逢う。 そんなときに限ってというか、いつも大抵そうなんだけど化粧もしてない。 普段着のへんな格好で。 せめて眉をきれいに描いて、マスクしていればよかった。 「老けたな」と思われたに決まってる。 別にいいけど。 なんか悔しい。...
くぐもりて 轟き渡り 冬の雷 はじめは、飛行機の音と間違える。 お腹の底に響くような、冬の雷はそんなふうに現れる。 遠く遠くに、次第に近づいて稲光を伴うほどに激しくなる。 まったく稲光というものは、見事、飽きさせない。 冬の雷は夏とちがって、重く低い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です