風 薫 る 水 城 の 堤 防 長 々 と

かぜかおる みずきのていぼう ながながと

長々ととは、あまりに大げさです。

長々と続いていただろう長堤は、鉄道に二ヶ所切られ、道路に数知れないほど切られ、正直見ていられない悲惨さです。

わずかに旧3号線からの眺めに、長かったであろう面影が残るばかりです。

植田の中に小高く樹々が生い茂り、発掘調査により、その麓には木製の雨水用の、当時としては立派な用水路が作られていたことが判明したとか。

五月の風は爽やかで、街中だというのにちょっとだけほっとできるものです。

この句も読まれています。

アカシアに 春の時雨の 降り止まず... アカシアの花を見た。今ごろ咲くんだ。細い枝に、薄い黄色の小さなドライフラワーみたいな花が連なって咲く。もっと大ぶりの花かと勝手に思ってた。さくらに隠れて、咲いている。むかし、アカシアの大連とか言う本があって、アカシアは中国の花だと思ってた。結構背の高いステキな花です。...
スラムドッグ$ミリオネア こんな過酷な人生があるのだろうか。 スラムの真ん中で、食べるものにも事欠き、両親も早くなくし、 したたかに、賢く、人に裏切られながら、それでも曲がらず、 恨まず、こんなふうに育つことがあるのか。 鬱陶しいほどいい加減な兄が、最後には大きな見方になって、 見ごたえのある、ベンジャミンバトンに匹敵する、...
開け放ち 青葉の風を 誘い込み Horner-Hyde House / Jeffrey Beall 自然の風がいちばん。少しの風も逃さない。うちは古くて、テント小屋と言われている。沖縄の古い、開けっぴろげの家に似ているかもしれない。ひとつの部屋に出入り口ふたつ、窓四つ。雨が降り出すと、小さな家を走り回って、窓を閉めて回る。これ以上...
薄氷(うすごおり) 薔薇の落ち葉は そのままに... What is hiding in the puddle? / pavlinajane 庭の窪みに氷がはった。ぱらぱらと散っていた 薔薇の落ち葉を閉じ込めて。踏めばバリッと音 をたてて砕けるのだけれど。今朝も冷えた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください