風 信 子 女 は 勘 を 研 ぎ す ま す

ヒヤシンス おんなはかんを とぎすます

オンナはウソを見抜く。

舐めてはいけない。

あなどってはいけない。

バカなアンタのウソくらい。

ユダのウソを見破ったキリストに近い能力があると信じている。

聖書から学んだこと。

イエスは、ユダに尋ねます。「貴方はなんでそんなにわたしに親切にするのか」

とっくに見抜いていたからです。

人は人を裏切るとき、または裏切ろうとするとき、よく喋ります。

そして優しくなります。

さらに肩に手をやるなどの、ボディタッチ。

ここからはわたし独自の見解です。

目が泳ぐ。

こころ此処にあらずという瞬間がある。

ずいぶん前のこと、保険金目当てで、子沢山の未亡人をわざわざ探し、再婚し、多額の保険を掛け、一家で別府湾にクルマごとダイブし、自分だけ助かった、なんとか虎美というオトコ、収監中にガンで死んだけれど。

亡くなった夫人が友人に、「この頃優しく声をかけてくれる」と喜んでいたと新聞にあった。

殺すことを決めていたから。

なんでこんなつまらない話を、きれいなヒヤシンスと結びつけたか、自分でもよくわからない。

まだ風の冷たい、春まだ浅いころ色鮮やかなムラサキの、風が吹いてもそよともしない丈夫な花を咲かせ、香水よりずっとステキな春の香りをもってくるヒヤシンスが、わたしは大好きなこと。

球根なので、忘れていても、毎年必ず律儀に顔を出すこと。

色気とはちがう凛としたきちんとした雰囲気に、バカオトコを相手にしない賢さを感じることなどが理由でしょうか。

この句も読まれています。

雪降りて 積もる雪かと 人の問う 雪はいろいろ。 吹雪いていても、風がやめば消える雪もある。 牡丹雪は積もらないとか、積もるとか。 帰る頃にはやむとか、やまないとか。 あれやこれやと人はうるさい。...
ずれずれの 福笑いままの 顔のあり わたしは妹と仲がとても悪い。 小さい頃から要領のいい妹と、空気の読めないわたしは仲良くできなかった。 まま母に、わたしをチクることで、身の安全を確保した 妹を、わたしは今になっても許すことができない。 おそろしく目の離れた顔をしていた。ほとんど耳の上。 身長のわりに、肩幅が広かったが、顔のでかさはそ...
絵 硝 子 や 夏 日 教 会 風 渡 る えがらすや なつびきょうかい かぜわたる 天草に、畳敷きの教会があります。 隠れキリシタンの末裔が建てたと言われるこの教会、先祖の供養とともに、その苦労をたたえ、教えを守っていくことの決意であろうとおもいます。 手づくり感満載の教会も夏の日を受け、さわやかな五月の風を受け、苦しい時代を越えてき...
辛夷(こぶし)咲く 薄き縁(えにし)の 人想う... 辛夷の花が咲く。まだまだ風が冷たい。辛夷は多分もくれんの仲間だと思う。似たような白い花が咲く。ただかなり小ぶりなので、こっちのほうが、ずいぶんとかわいげがある。人の縁とは不思議だと思う。永く関わりたくてもぷっつり切れることの多いこと出会う人も少なくなった気はするが、いろいろとさみしい春のはじめなり。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください