風 信 子 女 は 勘 を 研 ぎ す ま す

ヒヤシンス おんなはかんを とぎすます

オンナはウソを見抜く。

舐めてはいけない。

あなどってはいけない。

バカなアンタのウソくらい。

ユダのウソを見破ったキリストに近い能力があると信じている。

聖書から学んだこと。

イエスは、ユダに尋ねます。「貴方はなんでそんなにわたしに親切にするのか」

とっくに見抜いていたからです。

人は人を裏切るとき、または裏切ろうとするとき、よく喋ります。

そして優しくなります。

さらに肩に手をやるなどの、ボディタッチ。

ここからはわたし独自の見解です。

目が泳ぐ。

こころ此処にあらずという瞬間がある。

ずいぶん前のこと、保険金目当てで、子沢山の未亡人をわざわざ探し、再婚し、多額の保険を掛け、一家で別府湾にクルマごとダイブし、自分だけ助かった、なんとか虎美というオトコ、収監中にガンで死んだけれど。

亡くなった夫人が友人に、「この頃優しく声をかけてくれる」と喜んでいたと新聞にあった。

殺すことを決めていたから。

なんでこんなつまらない話を、きれいなヒヤシンスと結びつけたか、自分でもよくわからない。

まだ風の冷たい、春まだ浅いころ色鮮やかなムラサキの、風が吹いてもそよともしない丈夫な花を咲かせ、香水よりずっとステキな春の香りをもってくるヒヤシンスが、わたしは大好きなこと。

球根なので、忘れていても、毎年必ず律儀に顔を出すこと。

色気とはちがう凛としたきちんとした雰囲気に、バカオトコを相手にしない賢さを感じることなどが理由でしょうか。

この句も読まれています。

片 足 と 両 手 で 開 くる 戸 花 辛 夷 ( はなこぶし )... 建て付けが悪いというか、結局古いからなのだけれど、開け閉めするたびにじたばたします。 鍵穴も二箇所にあって、防犯上優れているのかもしれないけれど、慣れていないと、鍵がうまく鍵穴に届かないのです。 焦るとますます時間がかかります。 むかしはこんな開け閉めにコツのいる玄関戸は、ウチだけじゃなかったような...
落 ち 苗 の 立 ち 直 る ま で 二 三 日... 田植え機に乗せる時に落ちたのだろうか。 水を張った田んぼの端っこに、意図的に植えたのではない苗が、心細げに寝そべっている。 水に馴染み、土に立ち、これから大きくならなければならない。 足を踏ん張る時間。...
冬の月 切った爪のよに 夜空にささる... キンキンに凍てついた空、凍って小さく光る月、 端の尖った爪のように見える。
鼻歌を 花歌と書きおり あたたかし... 葉書をもらった。 少しずつ春になっていくのが嬉しいと。 花歌が知らず知らずのうちに出ると書いてあった。 たしかに、この季節、鼻歌より、合ってるような気もする。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です