静寂に 気づいて朝は 雪の国

妙にしんとしている。雪の夜は、底冷えと
この静寂がある。案の定今朝は一面の
雪景色。山茶花の垣根は、頂きに雪を載せ
冬薔薇は白く縁取られている。

この句も読まれています。

もうまたと 蚊取り線香の 頃になり... 大きな薮蚊を見つけた。蚊と蠅とゴキブリは許さない。蚊取り線香でないといけない。なんかリ キッドタイプとか、煙の出ない新兵器じゃだめなのです。蚊取り線香は普通のタイプと長時間タ イプと揃えている。それもキンチョウでないといけない。香りがちがう。...
天 近 し 雪 の 脊 振 の 一 家 言 てんちかし ゆきのせふりの いっかげん とても遠いのですが、脊振山という山がそびえています。 とても高いので、どの山より早く冠雪します。 慌てるな。 成るように成る。 成るようにしかならない。 そんなときも、おろおろしたって、なんにもならない。 そんなことを言われているような気がするの...
ね ん ね こ に 手 放 し の 愛 詰 め 込 ま れ... ねんねこに てばなしのあい つめこまれ むかしは、子どもは負ぶい紐で背中におんぶして、防寒のため綿の入ったねんねこを着ました。 子どもは暖かく、母親は両手が空くので、仕事にさして支障がないところが良いところでした。 背中の子どもの体調や、体温、動きや機嫌の良し悪しがすぐにわかるという利点もありまし...
余 り 苗 な り 主 張 あ り 矜 持 あ り... あまりなえ なりしゅちょうあり きょうじあり こんなにたくさんの同じ質の苗の中で、なんで自分たちだけ余り苗にされて、田んぼの隅っこにまとめて粗末にぼそっと突っ込まれないといけないのか。 変わらず実ることができるのに。 苗でさえ運不運があるのなら、人間は言わずもがなでありましょう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください