青 葉 潮 日 向 の 沖 を 盛 り 上 ぐ る

あおばじお ひゅうがのおきを もりあぐる

列島の南、日向沖から土佐沖を北上する暖流は黒潮と呼ばれます。

その五月の頃の太平洋岸の潮の流れを漁師のあいだでは青葉潮と呼ぶそうです。

豊漁とくにカツオの豊漁をもたらすといいます。

太平洋の海は碧であり、群青色です。

どこまでも豊かで深いのです。

この句も読まれています。

茅 を 干 す 日 向 の 里 や 波 光 る かやをほす ひゅうがのさとや なみひかる 宮崎県民謡。 刈干切唄。 茅を干し、屋根をふく、また牛の飼料にする。 長い長い歴史の中で、営まれてきた労働と技術です。 日向の海は明るい蒼で、なにもなければ穏やかです。 山の中腹から、海も水平線もよく見えます。...
電 飾 や 鍵 穴 見 え ぬ 闇 に 戻 る でんしょくや かぎあなみえぬ やみにもどる イルミネーションのみごとなこと。 以前はクリスマス近く、12月に入ってからだったものが、最近では11月半ばから始まるようです。 冷たい月、凍てつく星そして星屑もなかなかステキですが。 「もろびとこぞりて」と「聖しこの夜」が響いて、博多の駅前は大賑わ...
浮寝鳥 あしたの痛み わからずに あしたのことはわからない。涙をながすのか、不安におののくのか、笑うこともあるのか。 人生は浮寝鳥、流れにのって、さまようしかない。...
寒菊の 香いっぱいに 吸い込んで 寒菊の香りは、秋の寒い朝にぴったり合うのです。 小さく折り取り、小瓶にさしたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください