青 葉 潮 日 向 の 沖 を 盛 り 上 ぐ る

あおばじお ひゅうがのおきを もりあぐる

列島の南、日向沖から土佐沖を北上する暖流は黒潮と呼ばれます。

その五月の頃の太平洋岸の潮の流れを漁師のあいだでは青葉潮と呼ぶそうです。

豊漁とくにカツオの豊漁をもたらすといいます。

太平洋の海は碧であり、群青色です。

どこまでも豊かで深いのです。

この句も読まれています。

露を置く ツユクサの上 鉄条網 秋が来たことを実感する。 ツユクサに露が降り、有刺鉄線に露が降りて。
暮 れ ん と す ま ず 石 蕗 (つわぶき) の 花 於 い て... 秋の夕暮れ。 日の落ちることの早さに、毎年のことながら驚く。 庭先にも、道端にも、日当たりのいいところには、石蕗の花が真っ盛り。 混じり気のない黄色で、夕暮れの中最後まで色を残す。 葉はまんまるで、緑鮮やか。...
咲きがらを 摘み摘み仰ぐ 梅雨の空... つつじは派手な花を咲かせますが、咲いた花は木に張り付いたままです。 それは見ていてもきたなくて、花にもよくないらしい。 手がべたべたするのがいやだけど、はながらを摘みながら空模様が気になる。 ぽつぽつと今にも降り出しそうな低い雲。 しばらく続くでしょう。 よかった。...
蕗薹 (ふきのとう) 愛を育む よに抱え... ふきのとうを見つけて、お裾分けしてくれた。 両手で包んで、そおっと手に渡してくれた。 満面の笑み。幸せのおすそわけ。わたしにも 春が来そうな予感をもらった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください