青 嵐 一 直 線 に 仏 間 抜 け

あおあらし いっちょくせんに ぶつまぬけ

青葉を揺るがして風が吹きわたります。

心地よい風です。

もうすぐそこに暑い夏が控えていて、気分のいい風は最後かもしれません。

ふだんは閉め切っている仏間にもこの風をとおしたいものです。

年寄りは窓の開け閉めを面倒くさがるため、家の中は湿気が強く、独特のにおいがしたりするものです。

いやがられても、ときには空気の入れ替えをした方がいいのです。

この句も読まれています。

留 守 の 間 の 手 は ず 整 え 神 の 旅... るすのまの てはずととのえ かんなづき 初冬の旧暦十月、諸国の神様は出雲大社に集まると言われます。 事情を抱えて、持ち場を離れられない留守番の神さまもあるにはあるが、大方はこぞって出雲に向かわれるといいます。 長く留守をするため、いろいろ言い置いたり、事務的なことはできるだけ済ませたり、忙しい...
風鈴の けたたましくて 隠居する 二階から下にすだれを下げた。その一番したの紐に、風鈴を結んだ。なんて風流なんだろう。梅雨の終わりの突風が容赦なく吹き付けて、沖縄生まれの吹きガラスの、深い海の色の、空気の玉が混ざったような美しい風鈴が、割れんばかりに、激しいメトロノーム振れまくりみたいに暴れて、近所迷惑だから、いちおう引き上げた。諦...
砂 吐 き て あ さ り の 油 断 水 温 む ( ぬるむ )... 適度な塩加減だったのだろう。 足というのか排水孔というのか、あさりはすっかりくつろいだようす。 もうすぐ酒蒸しにされる。 暖かくなって、身の入りもよくふっくら太って美味しそう。...
薄 紅 葉 今 日 の ひ と 日 を 尽 く し た り... 紅葉と。 / e_haya 日毎に色づいていく樹々。 朝に夕に眺めては、その うつくしさに打たれる。 また一日また一日と、平 凡な毎日の繰り返しだけ れど、丁寧に積み上げる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください