青 嵐 一 直 線 に 仏 間 抜 け

あおあらし いっちょくせんに ぶつまぬけ

青葉を揺るがして風が吹きわたります。

心地よい風です。

もうすぐそこに暑い夏が控えていて、気分のいい風は最後かもしれません。

ふだんは閉め切っている仏間にもこの風をとおしたいものです。

年寄りは窓の開け閉めを面倒くさがるため、家の中は湿気が強く、独特のにおいがしたりするものです。

いやがられても、ときには空気の入れ替えをした方がいいのです。

この句も読まれています。

大 花 火 消 え ぬ 一 滴 湖 面 ま で おおはなび きえぬいってき こめんまで どんなに大きな打ち上げ花火でも、それなりの距離上がるので、火の粉が地面まで届くことはありません。 ただ場所が湖の浮島だからでしょうか。 最後の最後の火の一滴が、湖面に届いたように見えたのです。 錯覚かもしれません。 大花火は、夜空に、そして湖にくっきりと映...
沈 下 橋 渡 り 若 水 汲 み に 行 く ちんかばし わたりわかみず くみにゆく 遠賀川の上流に、沈下橋が残されています。 もうその数は減り、新しく作ることもないため、貴重なものとなっています。 支流の彦山川の源流で、若水を汲み、竹の筒に入れてくれるそうです。 沈下橋とは、洪水のときその橋が川の流れを妨げ、濁流がさらに被害を大きくす...
吾 亦 紅 今 日 や る こ と は 明 日 に す... われもこう きょうやることは あしたにす ワレモコウという、秋の草というか、アレは花なのか、かわいくはあるのだけれど、あまのじゃくで言うことをきかないワンパクボウズのような風情の植物があります。 手ごろで、アクセントになるからか、秋のささやかな花束には、付け足しのように組み込まれています。 面...
背 わ た な ど 取 っ て お れ る か 汗 し と ど... せわたなど とっておれるか あせしとど 夏場の料理はタイヘン。 中華料理に小エビを入れようと買ってきたものの、細かい作業などする気になれないのです。 エビは背中に黒いスジが一本あって、味に変わりはないのだけれど、それを取らないと、クルリとまるまってしまいます。 つまようじで取ります。 今日はもう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください