青 嵐 一 直 線 に 仏 間 抜 け

あおあらし いっちょくせんに ぶつまぬけ

青葉を揺るがして風が吹きわたります。

心地よい風です。

もうすぐそこに暑い夏が控えていて、気分のいい風は最後かもしれません。

ふだんは閉め切っている仏間にもこの風をとおしたいものです。

年寄りは窓の開け閉めを面倒くさがるため、家の中は湿気が強く、独特のにおいがしたりするものです。

いやがられても、ときには空気の入れ替えをした方がいいのです。

この句も読まれています。

誰一人 目もくれずおり カンナ咲く... 暑い。灼熱地獄のよう。川べりにカンナの大株あり。見れば見るほど暑い。こんな可愛げのない花が他にあろうか。図体のデカイおのれに重ねる。誰も見ないのに、なんで空を向いて咲けるのだろう。バカなのか。...
穏 や か は 寂 し こ と と 初 山 河 おだやかは さびしことなり はつさんが ひとりぼっちだろうが、寂しかろうが、わたしは賑やかより静かなほうがいい。 近くに、由緒正しい神社があるけれど、駐車場が呆れるほど少なくて、そのせいで参拝者が少ない。 境内のクスノキは、天満宮に負けないほど立派。 歴史の古さは負けていないのではと思うので...
もみぢ踏み あしたのことの 気にかかり... もみぢの季節が大好きで、一年中待っているのに、 さあ十一月となると、煩雑な用事や、突発的な 身内の問題や、そこまで言わなくてもと思う 職場の上司や、あたしの落ち度に気を良くして、 ルンルンのとなりの席の人のにんまりといいこぶっているところが 妙に不愉快で、この大切な季節を逃そうとしている。 わたしが...
早馬で 帰って来いと 盆の茄子 今まで知らなかった、常識の無さ。お盆に茄子やきゅうりに足を付けて、迎えるのは、帰ってくるときは、馬に乗って早く、向こうへ戻るときは、牛に乗ってゆっくりとということだそうです。仏事に疎くて、常識無いなとつくづく思います。迎え火を焚いて、家に帰るときに迷わないようにって、やさしいです、みんな。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください