青梅は 紫蘇となじませ 瓶に詰め

梅雨の季節、梅干作りの季節です。

この句も読まれています。

出 棺 の 今 日 吹 か ず と も 春 一 番... しゅっかんの きょうふかずとも はるいちばん 今の時季、春のはじめのころに吹く台風並みの強い風です。 花粉もホコリも舞うため、厄介で、花粉症には辛いです。 今は、たくさんの大きな病院がいっせいにと言ってもいいタイミングで、改築されましたので、以前とは比較にならないほど、立派になり、そのうえ以前...
ダイヤルを 回して遠き まんじゅしゃげ... 秋の日には、遠い遠い思い出を手繰り寄せたくなります。 大胆にもネットで調べて、ダイヤルすることも。 どうせがっかりするのですけど。...
宋 銭 の 見 つ か り し 浜 秋 の 浪 そうせんの みつかりしはま あきのなみ ほんとに宋銭だったのか。 聞いた話だから、少々信ぴょう性に欠ける気がしています。 宋銭だと言い切るからには、その道の人にみてもらったのかもしれません。 波の音は、確かに秋のそれに変わったようです。 寄せる波は、長く長く浜の方までやって来て、気のせいか、しばら...
亀鳴いて 巻かれろ流れろ 教えます... 意見など言わないのが一番です。 昔も今もおんなじ。限界まで、言われるままです。 人生は、先はどうなるかわからない。 日記は、まいにちではないけど、つけています。 来年の今ごろはどうしてるだろう。 わたしの予想は、当たったことがない。 先のことは考えない。 逆らわず、従わず、長いものには巻かれるふりを...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です