青梅は 紫蘇となじませ 瓶に詰め

梅雨の季節、梅干作りの季節です。

この句も読まれています。

黒々と そそり立つ闇 夏木立 田植えを終えたばかりの田の奥に、山の裾野に長々とそそり立つ黒い木立 季節は変わり、青かった木々は、堂々と黒い得体の知れない立派な木立になる。 人も変わる。良くも悪くもそのままでいられるはずもない。...
転 ぶ と は 棄 教 と 知 る や 寒 露 な り... ころぶとは ききょうとしるや かんろなり バテレンとは司教のことです。 フェレイラというポルトガル出身の司教は、イエズス会から高い理想を持って日本に渡ってきたと聞きます。 その頃はすでに布教は困窮を極めており、日本語にすぐれていた彼は中心になって活動していたけれど、ついに長崎にて捕まりました。...
普 請 声 少 し 険 し く 秋 の 暮 Building under construction ビル建設中 / urawa 秋の日は釣瓶落とし。ふとした間に、あっという間に陽が落ちる。大工仕事も陽のあるうち。気のせいか、三時をまわった頃から気合が入る。今日の仕事は今日のうち。気合を入れられる方は、大変だと思う。なんにしても、働くのはたいへ...
え つ 漁 の 舟 ゆ く ば か り 梅 雨 の 雲... えつりょうの ふねゆくばかりつゆのくも えつは、カタクチイワシ科の魚で、見た目は抜いた日本刀のように光り、少し反ったこれも刀のような形をしています。 小骨が多く、隠し包丁を細かく入れてもらうことで、おいしくいただけます。 有明海に近い筑後川が、日本で唯一の産卵場所らしく、エツといえば城島 (じ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください